放送番組の編集基準

ヒストリーチャンネル・ジャパン合同会社は、次の通り放送番組の編集基準を定める。
また、下記の編集の基準に関して変更など生じた際は、ホームページで公開することとする。

1.当社は、地域の文化の向上・社会の福祉・地域の産業の繁栄に役立ち、平和で豊かな地域社会の実現に寄与するため、基本的人権と世論を尊び、言論及び表現の自由を守り、法と秩序を尊重して地域社会の信頼にこたえる放送を行う。

2.放送にあたっては次の点を尊重し、番組相互の調和と放送時間に留意するとともに、即時性、普遍性、多様性など放送の持つ特性を発揮し、内容の充実に努める。

(1)健全な娯楽
(2)教育・教養の進展
(3)児童及び青少年に与える影響

3.次の基準は番組などすべての放送に摘要する。

(1)人権・人格・名誉

  • ①人名を軽視するような取り扱いはしない。
  • ②個人や団体の名誉を傷つけたり、信用を損なうような放送はしない。
  • ③職業を差別的に取り扱うことはしない。

(2)人種・民族

  • ①人種的・民族的偏見を持たせるような放送はしない。
  • ②国際親善を妨げるような放送はしない。

(3)宗教

  • 宗教に関する放送は、信仰の自由を尊重し公正に取り扱う。

(4)政治・経済

  • ①政治上の諸問題は、公正に取り扱う。
  • ②政治上の諸問題で、一般的に重大な影響を与える恐れのあるものについては特に慎重を期す。
  • ③意見が対立している問題は、できるだけ多くの視点から論点を明らかにし公平に取り扱う。
  • ④法と正義を尊重し、裁判係争中の事件について正しい法的措置を妨げるような取り扱いはしない。

(5)家族と社会

  • ①家庭生活を尊重し、これを破壊するような思想を肯定的に取り扱わない。
  • ②公益を乱すような放送はしない。
  • ③暴力行為及び戦争は、どのような場合にも是認しない。

(6)犯罪

  • ①犯罪については、法律を尊重し、犯人を魅力的に表現したり、犯罪行為を是認するような取り扱いはしない。
  • ②犯罪の手段や経過などについては、必要以上に詳細な描写をしない。

(7)性表現

  • ①性に関する事項は、視聴者に困惑・嫌悪の念を抱かせないように注意する。
  • ②性衛生や性病に関することがらは、医療、衛生上必要な場合のほかは取り扱わない。
  • ③肉体、寝室描写などの素材を取り扱う時は、刺激的な表現を避ける。

(8)表現

  • ①わかりやすい表現を用い、正しい言葉の普及に努める。
  • ②下品な言葉使いはできるだけ避け、また、みだらな言葉や動作による表現はしない。
  • ③人心に恐怖や不安または不快の念を起こさせるような表現はしない。
  • ④放送の内容や表現については、視聴者の生活時間との関係を十分に考慮する。

(9)広告

  • 広告は、番組内容と調和させ、関連法規、社団法人衛星放送協会の「広告放送のガイドライン」に従い、社団法人日本民間放送連盟の広告基準を参考にして、社会的責任を負い得るもののみ選択する。

[細かく点滅する映像や急激に変化する映像手法の取扱いについて]

ヒストリーチャンネル・ジャパン合同会社は、放送の内容に、映像や光の点滅、特に鮮やかな赤の点滅、及びコントラストの強い画面の反転や急激な場面転換、並びに規則的なパターン模様の使用がある場合、以下の基準を十分留意し、編集を行う。

1.映像や光の点滅は、原則として1秒間に3回を超える使用を避けるとともに、次の点に留意する。

  • (1)「鮮やかな赤色」の点滅は特に慎重に扱う。
  • (2)避けるべき点滅映像を判断するにあたっては、点滅が同時におこる面積が画面 の1/4を超え、かつ、輝度変化が10パーセント以上の場合を基準とする。
  • (3)前項(1)の条件を満たした上で、(2)に示した基準を超える場合には、点滅は1秒 間に5回を限度とし、かつ、輝度変化を20パーセント以下に抑える。加えて連 続して2秒を超える使用を行わない。

2.コントラストの強い画面の反転や、画面の輝度変化が20パーセントを超える急 激な場面転換は、原則として1秒間に3回を超えて使用しない。

3.規則的なパターン模様(縞模様、渦巻き模様、同心円模様など)が、画面の大部 分を占めることも避ける。