古代の宇宙人S5

古代から現代まで続く宇宙人に関する目撃情報や現象を取り上げ、地球における宇宙人の存在を新たな方向から掘り下げる。

二ヶ国語

エピソード

放送時間

  • 2018/08/07(火) 23:00

古代の宇宙人 S5 #48

<#48 古代墳墓にまつわる謎> 地球上のいたる所で、奇妙な遺物や文字や絵で溢れた古代の墓が発見されており、それぞれの墓に共通した類似点がある。遠く離れた文化の元で造られた墓の様式が、なぜこれほど似ているのか?

放送時間

  • 2018/08/07(火) 23:00

放送時間

  • 2018/08/08(水) 02:00

古代の宇宙人 S5 #48/S9 #101

<S5 #48 古代墳墓にまつわる謎> 地球上のいたる所で、奇妙な遺物や文字や絵で溢れた古代の墓が発見されており、それぞれの墓に共通した類似点がある。遠く離れた文化の元で造られた墓の様式が、なぜこれほど似ているのか? <S9 #101 南極大陸のピラミッド> 南極は地球上で最も遠隔の地であり、未開拓の場所が多い大陸である。近年の衛星画像で、人工のピラミッドらしきものが大陸全体に広がっていることが明らかになってきた。古代宇宙飛行士説の提唱者は、氷河期以前はこの地に地球外生命体が居住していたことを主張する。氷河の奥底には、私たちの祖先となる地球外生命体の謎が隠されているのかもしれないのだ。

放送時間

  • 2018/08/08(水) 02:00

放送時間

  • 2018/08/08(水) 23:30
  • 2018/08/09(木) 02:00

古代の宇宙人 S5 #49/S9 #102

<S5 #49 古代の預言者> かつて地球上には、神の意思を伝えるメッセンジャーや、未来を予知することのできる預言者がいた。何千年もの間、人類の文明は、古代の預言者の言動によって導かれてきた。しかし、その預言者とは一体誰と、または何と交信したのか? <S9 #102 火星移住計画> 我々は20年以内に人類初の開拓者たちを火星へ送るであろう。宇宙飛行士たちは約6か月間に及ぶ宇宙旅行を耐え、最初の火星訪問者となる。我々が常にこの星に対して魅了され続けるのは何故だろうか?古代宇宙飛行士説の提唱者たちは、地球上の生命の進化と、人間が火星で生命を維持するための計画内容には共通点があると主張している。

放送時間

  • 2018/08/08(水) 23:30
  • 2018/08/09(木) 02:00

放送時間

  • 2018/08/09(木) 23:00

古代の宇宙人 S5 #50

<#50 ナスカの地上絵> エーリッヒ・フォン・デニケンの「未来の記憶」は、謎めいた「ナスカの地上絵」への関心を高めた。ペルーの広大な乾燥地帯に描かれた、巨大な幾何学模様や、動物や宇宙人のように見える生物の絵だ。誰がなぜ描いたのか?

放送時間

  • 2018/08/09(木) 23:00

放送時間

  • 2018/08/10(金) 02:00

古代の宇宙人 S5 #50/S9 #103

<S5 #50 ナスカの地上絵> エーリッヒ・フォン・デニケンの「未来の記憶」は、謎めいた「ナスカの地上絵」への関心を高めた。ペルーの広大な乾燥地帯に描かれた、巨大な幾何学模様や、動物や宇宙人のように見える生物の絵だ。誰がなぜ描いたのか? <S9 #103 次なる人類> 進化し続けるテクノロジーは人間と機械が融合するという新たな局面へと舵を切っている。超人間主義者たちは、人間がサイボーグ化し、大気圏外で生存できる能力や不老不死を実現する可能性を想定している。しかし、このような超人間的生物が、かつての地球上を闊歩していた可能性はないだろうか?それこそ我々の祖先が、神として崇めた生命体ではないだろうか?

放送時間

  • 2018/08/10(金) 02:00

放送時間

  • 2018/08/10(金) 23:00

古代の宇宙人 S5 #51

<#51 謎多き誘拐> 1975年、トラビス・ウォルトンは誘拐され、地球外生命が暮らす宇宙船に乗せられたと主張する。複数の目撃者がおり、40年近く経った今でも、ウォルトンの宇宙人に誘拐されたという話、失われた時間、テレパシーによる操作は、真実味が失われてなどいない。

放送時間

  • 2018/08/10(金) 23:00

放送時間

  • 2018/08/11(土) 02:00

古代の宇宙人 S5 #51/S9 #104

<S5 #51 謎多き誘拐> 1975年、トラビス・ウォルトンは誘拐され、地球外生命が暮らす宇宙船に乗せられたと主張する。複数の目撃者がおり、40年近く経った今でも、ウォルトンの宇宙人に誘拐されたという話、失われた時間、テレパシーによる操作は、真実味が失われてなどいない。 <S9 #104 新たな痕跡> 世界中の何百万もの人々は、人間は過去に地球外生命体からの訪問を受けていると信じているが、もしそれが事実なら?それは古代宇宙飛行士説論者たちが突き付けられてきた疑問でもある。近年、遠い過去に地球が宇宙人による介入を受けたことを裏付ける新たな発見が続々と報告されている。我々は残された全ての問いを圧倒する証拠を手にしたのだろうか?

放送時間

  • 2018/08/11(土) 02:00

放送時間

  • 2018/08/13(月) 23:00

古代の宇宙人 S5 #52

<#52 巨大石碑の謎> 天まで届くほどの巨大な石の構造物が造られ、謎めいた巨像が地中深く埋められ、エネルギーを放出する球体が地球上に散りばめられている。古代の人々は何のために、時には1000キロ以上もありそうな巨大な石を動かし、世界のいたる所に驚くほど似た石碑を建てたのか?

放送時間

  • 2018/08/13(月) 23:00

放送時間

  • 2018/08/14(火) 02:00

古代の宇宙人 S5 #52/S9 #105

<S5 #52 巨大石碑の謎> 天まで届くほどの巨大な石の構造物が造られ、謎めいた巨像が地中深く埋められ、エネルギーを放出する球体が地球上に散りばめられている。古代の人々は何のために、時には1000キロ以上もありそうな巨大な石を動かし、世界のいたる所に驚くほど似た石碑を建てたのか? <S9 #105 数学者のマスタープラン> 人類が地球外生命体と遭遇した際には、数学などの普遍的な言語を通して話をする必要があると科学者たちは理論づける。しかし宇宙人は、優れた数学者やエンジニアを通してすでに我々と交信しているのではないか?人類の絶大なる先見者たちが、宇宙人によるマスタープランを実行する役割を担っているという可能性はないだろうか?

放送時間

  • 2018/08/14(火) 02:00

放送時間

  • 2018/08/14(火) 23:00

古代の宇宙人 S5 #53

<#53 バイキングの神々> 古代スカンジナビアのバイキングが崇拝したオーディーン、フレイ、トールといった神々は師であり、破壊者だった。しかし、恐れられ謎めいていた彼らは本当に神だったのか?古代スカンジナビア人の文化は、当時の世界では科学的に最も進化していた。彼らは冒険家でもあり、コロンブスの少なくとも500年前に北米にたどり着いていた。強力な神に導かれたのだろうか?

放送時間

  • 2018/08/14(火) 23:00

放送時間

  • 2018/08/15(水) 02:00

古代の宇宙人 S5 #53/S9 #106

<S5 #53 バイキングの神々> 古代スカンジナビアのバイキングが崇拝したオーディーン、フレイ、トールといった神々は師であり、破壊者だった。しかし、恐れられ謎めいていた彼らは本当に神だったのか?古代スカンジナビア人の文化は、当時の世界では科学的に最も進化していた。彼らは冒険家でもあり、コロンブスの少なくとも500年前に北米にたどり着いていた。強力な神に導かれたのだろうか? <S9 #106 謎を解く鍵「宇宙卵」> 宇宙卵とは、宇宙もしくは原始的な生物は卵から孵ったという考え方だが、多くの神話や文化の中に見られるものだ。なぜこのような考え方が世界中に広まっているのか?古代宇宙飛行士説の提唱者たちは、世界中に存在する宗教的な象徴と同様、宇宙卵にはとてつもなく深い意味が込められているのではないかと主張する。

放送時間

  • 2018/08/15(水) 02:00

放送時間

  • 2018/08/15(水) 23:00

古代の宇宙人 S5 #54

<#54 デニケンの古代宇宙飛行士説> 世界を変えるかもしれない科学理論。エーリッヒ・フォン・デニケンと古代宇宙飛行士説を支える事実とは何なのか?40年以上にわたって、デニケンの本は世界で6500万部も売れている。一部の人間にとっては英雄だが、別の者にとっては異端者。そんなデニケンの物議を醸す理論は世界の注目を集め、古代宇宙飛行士説と呼ばれる理論をめぐる論争に火をつける。

放送時間

  • 2018/08/15(水) 23:00

放送時間

  • 2018/08/16(木) 02:00

古代の宇宙人 S5 #54/S9 #107

<S5 #54 デニケンの古代宇宙飛行士説> 世界を変えるかもしれない科学理論。エーリッヒ・フォン・デニケンと古代宇宙飛行士説を支える事実とは何なのか?40年以上にわたって、デニケンの本は世界で6500万部も売れている。一部の人間にとっては英雄だが、別の者にとっては異端者。そんなデニケンの物議を醸す理論は世界の注目を集め、古代宇宙飛行士説と呼ばれる理論をめぐる論争に火をつける。 <S9 #107 叡智の番人 アボリジニ> オーストラリア大陸には長い間、先住民のアボリジニの人々が暮らしている。洞窟壁画などには天から降りてきた創造神の姿があちこちに描かれており、宇宙とのつながりを示唆する言い伝えも多いが、その中には地質記録に合致するものもあり、事実を説明している可能性が高いという。アボリジニの文化から、我々の起源が明らかになるのだろうか。

放送時間

  • 2018/08/16(木) 02:00

放送時間

  • 2018/08/16(木) 23:00

古代の宇宙人 S5 #55

<#55 支配者の謎> 皇帝や王、ファラオといった統治者たちと宇宙人との関係に焦点を当てる。エリザベス二世の戴冠式では神に宣誓し、聖書との深い関わりも見られる。民を統治する人間は神と何らかの関わりがあるという思想は古くから存在した。日本の初代天皇である神武天皇も太陽神アマテラスオオミカミの子孫だとされる。

放送時間

  • 2018/08/16(木) 23:00

放送時間

  • 2018/08/17(金) 02:00

古代の宇宙人 S5 #55/S9 #108

<S5 #55 支配者の謎> 皇帝や王、ファラオといった統治者たちと宇宙人との関係に焦点を当てる。エリザベス二世の戴冠式では神に宣誓し、聖書との深い関わりも見られる。民を統治する人間は神と何らかの関わりがあるという思想は古くから存在した。日本の初代天皇である神武天皇も太陽神アマテラスオオミカミの子孫だとされる。 <S9 #108 9人の神々> 世界各地には9人から成る神々のグループが存在している。ギリシャ神話のオリュンポスの神々の主要メンバーも9人であり、議会を招集して人類に関する決め事をしていたという。一方、NASAが撮影した宇宙写真には不審な人工衛星が写っていた。この衛星は1万年以上前から地球を周回し、我々を監視しているという噂がある。こうした存在は、地球や人類の監視役なのだろうか?

放送時間

  • 2018/08/17(金) 02:00

放送時間

  • 2018/08/17(金) 23:00

古代の宇宙人 S5 #56

<#56 宇宙人の医療技術> 古代の人間たちによって施された不可思議な手術や奇跡的な力を持つ奇妙な存在たち。何世紀もの医療知識を覆すような隠された謎の数々。ここ数年間の画期的な医薬の進歩は果たして年月を重ねた研究の成果なのだろうか?それらの治癒法は異世界からもたらされた知識によるものなのではなかろうか?

放送時間

  • 2018/08/17(金) 23:00

放送時間

  • 2018/08/18(土) 02:00

古代の宇宙人 S5 #56/S9 #109

<S5 #56 宇宙人の医療技術> 古代の人間たちによって施された不可思議な手術や奇跡的な力を持つ奇妙な存在たち。何世紀もの医療知識を覆すような隠された謎の数々。ここ数年間の画期的な医薬の進歩は果たして年月を重ねた研究の成果なのだろうか?それらの治癒法は異世界からもたらされた知識によるものなのではなかろうか? <S9 #109 中国の謎> 中国の外務省の元職員が、中国政府が宇宙人の存在を認識しているという内部情報を暴露した。中国各地で見つかっているピラミッドなどは、宇宙人の基地だったのではないか?現代においてもUFOの目撃情報が数多く寄せられているという。中国は今後、宇宙人が存在する証拠をいち早くつかみ、彼らから情報を入手することで、世界の主導権を握ろうとしているのかもしれない。

放送時間

  • 2018/08/18(土) 02:00

放送時間

  • 2018/08/20(月) 23:00
  • 2018/08/21(火) 02:10

古代の宇宙人 S5 #57

<#57 謎の遺物> 聖遺物に注目する。現在も勇者を称えてメダルが贈られるが、金属を崇拝する風習は古来よりあった。ベルリンにある数表が刻まれた金の帽子は、天のエネルギーを取り入れて宇宙人と交信するために使われたのだろうか。死海文書と同じ場所から発見された銅の巻物も、宝の在りかが暗号によって記され特別な文書である可能性が高い。

放送時間

  • 2018/08/20(月) 23:00
  • 2018/08/21(火) 02:10

放送時間

  • 2018/08/21(火) 23:00

古代の宇宙人 S5 #58

<#58 サタンの正体> サタンに注目する。現代でも悪魔払いの儀式が行われるが、悪魔とは一体何なのか。キリスト教世界では、ルシファーと呼ばれた天使が神に反旗を翻して天から追放され、サタンになったと考えられている。また、アダムとイブの物語に登場するヘビもサタンの化身といわれている。こうした天使に共通するのが、人間に知識をもたらしたことである。

放送時間

  • 2018/08/21(火) 23:00

放送時間

  • 2018/08/22(水) 02:00

古代の宇宙人 S5 #58/S9 #111

<S5 #58 サタンの正体> サタンに注目する。現代でも悪魔払いの儀式が行われるが、悪魔とは一体何なのか。キリスト教世界では、ルシファーと呼ばれた天使が神に反旗を翻して天から追放され、サタンになったと考えられている。また、アダムとイブの物語に登場するヘビもサタンの化身といわれている。こうした天使に共通するのが、人間に知識をもたらしたことである。 <S9 #111 人工衛星「月」> 古代から人間を魅了し、地球に大きな影響を及ぼしている身近な天体・月。その実体は謎めいている。アポロ12号の探査終了後、着陸船を月面に落下させると、月はまるで鐘のように鳴り響き、振動を続けたという。そこから月の内部は空洞ではないかという説がある。古代宇宙飛行士説の提唱者たちは、月は地球外生命体が造った人工物ではないかと指摘する。

放送時間

  • 2018/08/22(水) 02:00

放送時間

  • 2018/08/22(水) 23:00

古代の宇宙人 S5 #59

<#59 アヌンナキの痕跡> イラク戦争の時に、略奪行為により国立博物館が所蔵する多くの遺物が盗まれ、破壊されたが、そのほとんどがシュメール文明のものだった。メソポタミア地域で最初に起こったのがシュメール文明で、くさび形文字によって粘土板に記された文書が多数出土している。進んだ文化が多数見られることでも知られるが、注目すべきはアヌンナキという神が語られた神話である。

放送時間

  • 2018/08/22(水) 23:00

放送時間

  • 2018/08/23(木) 02:00

古代の宇宙人 S5 #59/S9 #112

<S5 #59 アヌンナキの痕跡> イラク戦争の時に、略奪行為により国立博物館が所蔵する多くの遺物が盗まれ、破壊されたが、そのほとんどがシュメール文明のものだった。メソポタミア地域で最初に起こったのがシュメール文明で、くさび形文字によって粘土板に記された文書が多数出土している。進んだ文化が多数見られることでも知られるが、注目すべきはアヌンナキという神が語られた神話である。 <S9 #112 ロシアの極秘ファイル> 広大な国・ロシア。そのほとんどに人が住まず、探検すらされていない。そして人類文明の起源は宇宙にあり、宇宙へ戻る運命にあると考える宇宙主義の発祥地でもある。しかし共産主義の台頭により、地球外との接触が秘密という壁で覆い隠されてしまったと信じる人も多い。古代宇宙飛行士説論者たちは、ロシアの国家設立より先に地球外生命体はこの地を訪問していたと主張する。

放送時間

  • 2018/08/23(木) 02:00

放送時間

  • 2018/08/24(金) 02:00

古代の宇宙人 S5 #60/S9 #113

<S5 #60 クリスタル・スカル> クリスタル・スカルを取り上げる。水晶から作られたドクロが世界各地で見つかっている。アメリカ先住民の伝説には、世界には13のクリスタル・スカルがあり、これらがすべて集められると重大な情報がもたらされると語られている。しかし、現代に作られたまがい物が多数存在するため、スカルをとりまく環境は難しいものとなっている。 <S9 #113 ロズウェル事件の真相> 1947年におきたロズウェル事件。墜落したのは宇宙船ではないと米軍は長らく否定してきた。ところが2011年に発表されたFBIの資料には、当時のFBI長官に宛てたメモが残されており、3つの“空飛ぶ円盤”の回収について記されていたのだ。本当にアメリカ政府は宇宙船を持っているのだろうか?古代宇宙飛行士説論者たちは、ロズウェルは氷山の一角に過ぎないと言う。

放送時間

  • 2018/08/24(金) 02:00

放送時間

  • 2018/08/24(金) 23:00

古代の宇宙人 S5 #61

<#61 神秘の数字「3」> 古代より芸術や建造物、神話や宗教の中に3という数字が見られるが、なぜ人類はこの数を重要と考えるようになったのだろう。聖書にも3にまつわる物語が多々見られ、ギザには大ピラミッド3基が並ぶ。ピタゴラスは3平方の定理を導き出し、ニュートンも運動の3法則を発見している。

放送時間

  • 2018/08/24(金) 23:00

放送時間

  • 2018/08/25(土) 02:00

古代の宇宙人 S5 #61/S9 #114

<S5 #61 神秘の数字「3」> 古代より芸術や建造物、神話や宗教の中に3という数字が見られるが、なぜ人類はこの数を重要と考えるようになったのだろう。聖書にも3にまつわる物語が多々見られ、ギザには大ピラミッド3基が並ぶ。ピタゴラスは3平方の定理を導き出し、ニュートンも運動の3法則を発見している。 <S9 #114 エイリアン・ハンター> 21世紀になり初めて、主流の学者・各国政府らは地球外に存在する知能の高い生命体を突き止めるべく、公開捜査に乗り出した。それまでこのような活動が公にされることはなかったが、実際には何十年にもわたり調査が行われてきたという。古代宇宙飛行士説論者たちは、主流派が調査を始めたのは彼らの中にすでに地球外生命体と接触した者がいるからだという。

放送時間

  • 2018/08/25(土) 02:00

放送時間

  • 2018/08/27(月) 23:00

古代の宇宙人 S5 #62

<#62 神の魔法> 魔術を取り上げる。マジックの起源は何千年も昔の魔術といわれる。中国八仙の張果老、仏教の開祖であるブッダ、アーサー王伝説に登場するマーリンなど、世界各地に魔術を扱った人物を語る伝説が残されている。

放送時間

  • 2018/08/27(月) 23:00

放送時間

  • 2018/08/28(火) 02:00

古代の宇宙人 S5 #62/S9 #115

<S5 #62 神の魔法> 魔術を取り上げる。マジックの起源は何千年も昔の魔術といわれる。中国八仙の張果老、仏教の開祖であるブッダ、アーサー王伝説に登場するマーリンなど、世界各地に魔術を扱った人物を語る伝説が残されている。 <S9 #115 戻ってきた者たち> 世界中の至る所で、宇宙人によって何千もの人々が誘拐されたと報告されている。宇宙人による誘拐は本当なのだろうか?だとすれば、なぜ人は連れ去られるのか?それよりも重要なのは、なぜ彼らは地球に戻されるのか?地球外生命体がこれらの誘拐により、ひそかに人類を操作しているという可能性はないだろうか?

放送時間

  • 2018/08/28(火) 02:00

放送時間

  • 2018/08/07(火) 15:00

古代の宇宙人 S9 #101/S5 #48

<S9 #101 南極大陸のピラミッド> 南極は地球上で最も遠隔の地であり、未開拓の場所が多い大陸である。近年の衛星画像で、人工のピラミッドらしきものが大陸全体に広がっていることが明らかになってきた。古代宇宙飛行士説の提唱者は、氷河期以前はこの地に地球外生命体が居住していたことを主張する。氷河の奥底には、私たちの祖先となる地球外生命体の謎が隠されているのかもしれないのだ。 <S5 #48 古代墳墓にまつわる謎> 地球上のいたる所で、奇妙な遺物や文字や絵で溢れた古代の墓が発見されており、それぞれの墓に共通した類似点がある。遠く離れた文化の元で造られた墓の様式が、なぜこれほど似ているのか?

放送時間

  • 2018/08/07(火) 15:00

放送時間

  • 2018/08/08(水) 15:00

古代の宇宙人 S9 #102/S5 #49

<S9 #102 火星移住計画> 我々は20年以内に人類初の開拓者たちを火星へ送るであろう。宇宙飛行士たちは約6か月間に及ぶ宇宙旅行を耐え、最初の火星訪問者となる。我々が常にこの星に対して魅了され続けるのは何故だろうか?古代宇宙飛行士説の提唱者たちは、地球上の生命の進化と、人間が火星で生命を維持するための計画内容には共通点があると主張している。 <S5 #49 古代の預言者> かつて地球上には、神の意思を伝えるメッセンジャーや、未来を予知することのできる預言者がいた。何千年もの間、人類の文明は、古代の預言者の言動によって導かれてきた。しかし、その預言者とは一体誰と、または何と交信したのか?

放送時間

  • 2018/08/08(水) 15:00

放送時間

  • 2018/08/09(木) 15:00

古代の宇宙人 S9 #103/S5 #50

<S9 #103 次なる人類> 進化し続けるテクノロジーは人間と機械が融合するという新たな局面へと舵を切っている。超人間主義者たちは、人間がサイボーグ化し、大気圏外で生存できる能力や不老不死を実現する可能性を想定している。しかし、このような超人間的生物が、かつての地球上を闊歩していた可能性はないだろうか?それこそ我々の祖先が、神として崇めた生命体ではないだろうか? <S5 #50 ナスカの地上絵> エーリッヒ・フォン・デニケンの「未来の記憶」は、謎めいた「ナスカの地上絵」への関心を高めた。ペルーの広大な乾燥地帯に描かれた、巨大な幾何学模様や、動物や宇宙人のように見える生物の絵だ。誰がなぜ描いたのか?

放送時間

  • 2018/08/09(木) 15:00

放送時間

  • 2018/08/10(金) 15:00

古代の宇宙人 S9 #104/S5 #51

<S9 #104 新たな痕跡> 世界中の何百万もの人々は、人間は過去に地球外生命体からの訪問を受けていると信じているが、もしそれが事実なら?それは古代宇宙飛行士説論者たちが突き付けられてきた疑問でもある。近年、遠い過去に地球が宇宙人による介入を受けたことを裏付ける新たな発見が続々と報告されている。我々は残された全ての問いを圧倒する証拠を手にしたのだろうか? <S5 #51 謎多き誘拐> 1975年、トラビス・ウォルトンは誘拐され、地球外生命が暮らす宇宙船に乗せられたと主張する。複数の目撃者がおり、40年近く経った今でも、ウォルトンの宇宙人に誘拐されたという話、失われた時間、テレパシーによる操作は、真実味が失われてなどいない。

放送時間

  • 2018/08/10(金) 15:00

放送時間

  • 2018/08/13(月) 15:00

古代の宇宙人 S9 #105/S5 #52

<S9 #105 数学者のマスタープラン> 人類が地球外生命体と遭遇した際には、数学などの普遍的な言語を通して話をする必要があると科学者たちは理論づける。しかし宇宙人は、優れた数学者やエンジニアを通してすでに我々と交信しているのではないか?人類の絶大なる先見者たちが、宇宙人によるマスタープランを実行する役割を担っているという可能性はないだろうか? <S5 #52 巨大石碑の謎> 天まで届くほどの巨大な石の構造物が造られ、謎めいた巨像が地中深く埋められ、エネルギーを放出する球体が地球上に散りばめられている。古代の人々は何のために、時には1000キロ以上もありそうな巨大な石を動かし、世界のいたる所に驚くほど似た石碑を建てたのか?

放送時間

  • 2018/08/13(月) 15:00

放送時間

  • 2018/08/14(火) 15:00

古代の宇宙人 S9 #106/S5 #53

<S9 #106 謎を解く鍵「宇宙卵」> 宇宙卵とは、宇宙もしくは原始的な生物は卵から孵ったという考え方だが、多くの神話や文化の中に見られるものだ。なぜこのような考え方が世界中に広まっているのか?古代宇宙飛行士説の提唱者たちは、世界中に存在する宗教的な象徴と同様、宇宙卵にはとてつもなく深い意味が込められているのではないかと主張する。 <S5 #53 バイキングの神々> 古代スカンジナビアのバイキングが崇拝したオーディーン、フレイ、トールといった神々は師であり、破壊者だった。しかし、恐れられ謎めいていた彼らは本当に神だったのか?古代スカンジナビア人の文化は、当時の世界では科学的に最も進化していた。彼らは冒険家でもあり、コロンブスの少なくとも500年前に北米にたどり着いていた。強力な神に導かれたのだろうか?

放送時間

  • 2018/08/14(火) 15:00

放送時間

  • 2018/08/15(水) 15:00

古代の宇宙人 S9 #107/S5 #54

<S9 #107 叡智の番人 アボリジニ> オーストラリア大陸には長い間、先住民のアボリジニの人々が暮らしている。洞窟壁画などには天から降りてきた創造神の姿があちこちに描かれており、宇宙とのつながりを示唆する言い伝えも多いが、その中には地質記録に合致するものもあり、事実を説明している可能性が高いという。アボリジニの文化から、我々の起源が明らかになるのだろうか。 <S5 #54 デニケンの古代宇宙飛行士説> 世界を変えるかもしれない科学理論。エーリッヒ・フォン・デニケンと古代宇宙飛行士説を支える事実とは何なのか?40年以上にわたって、デニケンの本は世界で6500万部も売れている。一部の人間にとっては英雄だが、別の者にとっては異端者。そんなデニケンの物議を醸す理論は世界の注目を集め、古代宇宙飛行士説と呼ばれる理論をめぐる論争に火をつける。

放送時間

  • 2018/08/15(水) 15:00

放送時間

  • 2018/08/16(木) 15:00

古代の宇宙人 S9 #108/S5 #55

<S9 #108 9人の神々> 世界各地には9人から成る神々のグループが存在している。ギリシャ神話のオリュンポスの神々の主要メンバーも9人であり、議会を招集して人類に関する決め事をしていたという。一方、NASAが撮影した宇宙写真には不審な人工衛星が写っていた。この衛星は1万年以上前から地球を周回し、我々を監視しているという噂がある。こうした存在は、地球や人類の監視役なのだろうか? <S5 #55 支配者の謎> 皇帝や王、ファラオといった統治者たちと宇宙人との関係に焦点を当てる。エリザベス二世の戴冠式では神に宣誓し、聖書との深い関わりも見られる。民を統治する人間は神と何らかの関わりがあるという思想は古くから存在した。日本の初代天皇である神武天皇も太陽神アマテラスオオミカミの子孫だとされる。

放送時間

  • 2018/08/16(木) 15:00

放送時間

  • 2018/08/17(金) 15:00

古代の宇宙人 S9 #109/S5 #56

<S9 #109 中国の謎> 中国の外務省の元職員が、中国政府が宇宙人の存在を認識しているという内部情報を暴露した。中国各地で見つかっているピラミッドなどは、宇宙人の基地だったのではないか?現代においてもUFOの目撃情報が数多く寄せられているという。中国は今後、宇宙人が存在する証拠をいち早くつかみ、彼らから情報を入手することで、世界の主導権を握ろうとしているのかもしれない。 <S5 #56 宇宙人の医療技術> 古代の人間たちによって施された不可思議な手術や奇跡的な力を持つ奇妙な存在たち。何世紀もの医療知識を覆すような隠された謎の数々。ここ数年間の画期的な医薬の進歩は果たして年月を重ねた研究の成果なのだろうか?それらの治癒法は異世界からもたらされた知識によるものなのではなかろうか?

放送時間

  • 2018/08/17(金) 15:00

放送時間

  • 2018/08/20(月) 15:00

古代の宇宙人 S9 #110/S5 #57

<S9 #110 ヒューマン・プロトタイプ> 南アフリカやシベリアの山奥などで新たな種が見つかっている。なぜ世界各地で新たなヒト科の種が見つかっているのだろう?古代宇宙飛行士説の提唱者は、地球は人類の試作品を作るための実験場であり、隔離されたエリアで宇宙人が異なるヒト科の種を育てていたのでは、と主張する。宇宙人による人類創作の実験は、今もなお続いているのかもしれない。 <S5 #57 謎の遺物> 聖遺物に注目する。現在も勇者を称えてメダルが贈られるが、金属を崇拝する風習は古来よりあった。ベルリンにある数表が刻まれた金の帽子は、天のエネルギーを取り入れて宇宙人と交信するために使われたのだろうか。死海文書と同じ場所から発見された銅の巻物も、宝の在りかが暗号によって記され特別な文書である可能性が高い。

放送時間

  • 2018/08/20(月) 15:00

放送時間

  • 2018/08/21(火) 15:00

古代の宇宙人 S9 #111/S5 #58

<S9 #111 人工衛星「月」> 古代から人間を魅了し、地球に大きな影響を及ぼしている身近な天体・月。その実体は謎めいている。アポロ12号の探査終了後、着陸船を月面に落下させると、月はまるで鐘のように鳴り響き、振動を続けたという。そこから月の内部は空洞ではないかという説がある。古代宇宙飛行士説の提唱者たちは、月は地球外生命体が造った人工物ではないかと指摘する。 <S5 #58 サタンの正体> サタンに注目する。現代でも悪魔払いの儀式が行われるが、悪魔とは一体何なのか。キリスト教世界では、ルシファーと呼ばれた天使が神に反旗を翻して天から追放され、サタンになったと考えられている。また、アダムとイブの物語に登場するヘビもサタンの化身といわれている。こうした天使に共通するのが、人間に知識をもたらしたことである。

放送時間

  • 2018/08/21(火) 15:00

放送時間

  • 2018/08/22(水) 15:00

古代の宇宙人 S9 #112/S5 #59

<S9 #112 ロシアの極秘ファイル> 広大な国・ロシア。そのほとんどに人が住まず、探検すらされていない。そして人類文明の起源は宇宙にあり、宇宙へ戻る運命にあると考える宇宙主義の発祥地でもある。しかし共産主義の台頭により、地球外との接触が秘密という壁で覆い隠されてしまったと信じる人も多い。古代宇宙飛行士説論者たちは、ロシアの国家設立より先に地球外生命体はこの地を訪問していたと主張する。 <S5 #59 アヌンナキの痕跡> イラク戦争の時に、略奪行為により国立博物館が所蔵する多くの遺物が盗まれ、破壊されたが、そのほとんどがシュメール文明のものだった。メソポタミア地域で最初に起こったのがシュメール文明で、くさび形文字によって粘土板に記された文書が多数出土している。進んだ文化が多数見られることでも知られるが、注目すべきはアヌンナキという神が語られた神話である。

放送時間

  • 2018/08/22(水) 15:00

放送時間

  • 2018/08/23(木) 15:00

古代の宇宙人 S9 #113/S5 #60

<S9 #113 ロズウェル事件の真相> 1947年におきたロズウェル事件。墜落したのは宇宙船ではないと米軍は長らく否定してきた。ところが2011年に発表されたFBIの資料には、当時のFBI長官に宛てたメモが残されており、3つの“空飛ぶ円盤”の回収について記されていたのだ。本当にアメリカ政府は宇宙船を持っているのだろうか?古代宇宙飛行士説論者たちは、ロズウェルは氷山の一角に過ぎないと言う。 <S5 #60 クリスタル・スカル> クリスタル・スカルを取り上げる。水晶から作られたドクロが世界各地で見つかっている。アメリカ先住民の伝説には、世界には13のクリスタル・スカルがあり、これらがすべて集められると重大な情報がもたらされると語られている。しかし、現代に作られたまがい物が多数存在するため、スカルをとりまく環境は難しいものとなっている。

放送時間

  • 2018/08/23(木) 15:00

放送時間

  • 2018/08/24(金) 15:00

古代の宇宙人 S9 #114/S5 #61

<S9 #114 エイリアン・ハンター> 21世紀になり初めて、主流の学者・各国政府らは地球外に存在する知能の高い生命体を突き止めるべく、公開捜査に乗り出した。それまでこのような活動が公にされることはなかったが、実際には何十年にもわたり調査が行われてきたという。古代宇宙飛行士説論者たちは、主流派が調査を始めたのは彼らの中にすでに地球外生命体と接触した者がいるからだという。 <S5 #61 神秘の数字「3」> 古代より芸術や建造物、神話や宗教の中に3という数字が見られるが、なぜ人類はこの数を重要と考えるようになったのだろう。聖書にも3にまつわる物語が多々見られ、ギザには大ピラミッド3基が並ぶ。ピタゴラスは3平方の定理を導き出し、ニュートンも運動の3法則を発見している。

放送時間

  • 2018/08/24(金) 15:00

放送時間

  • 2018/08/27(月) 15:00

古代の宇宙人 S9 #115/S5 #62

<S9 #115 戻ってきた者たち> 世界中の至る所で、宇宙人によって何千もの人々が誘拐されたと報告されている。宇宙人による誘拐は本当なのだろうか?だとすれば、なぜ人は連れ去られるのか?それよりも重要なのは、なぜ彼らは地球に戻されるのか?地球外生命体がこれらの誘拐により、ひそかに人類を操作しているという可能性はないだろうか? <S5 #62 神の魔法> 魔術を取り上げる。マジックの起源は何千年も昔の魔術といわれる。中国八仙の張果老、仏教の開祖であるブッダ、アーサー王伝説に登場するマーリンなど、世界各地に魔術を扱った人物を語る伝説が残されている。

放送時間

  • 2018/08/27(月) 15:00

おすすめ番組