世界10大ミステリーを追え!

人類の歴史は不可解な話や謎で溢れている。科学技術が進歩した今、浮上してきた仮説を基に、謎の解明に全力を挙げる。

二ヶ国語

エピソード

放送時間

  • 2021/03/01(月) 01:30

【週末一挙マラソン】世界10大ミステリーを追え!#01〜#05

【放送順】 『#1 監獄島アルカトラズ』 『#2 悪魔の棲む家』 『#3 アトランティスの謎』 『#4 バミューダ・トライアングル』 『#5 UFO隠蔽工作』

放送時間

  • 2021/03/01(月) 01:30

放送時間

  • 2021/03/08(月) 01:30

【週末一挙マラソン】世界10大ミステリーを追え!#06〜#10

【放送順】 『#6 切り裂きジャック』 『#7 第四帝国の台頭』 『#8 ストーンヘンジ』 『#9 ヒトラー生存説』 『#10 ゾディアック事件』

放送時間

  • 2021/03/08(月) 01:30

放送時間

  • 2021/02/22(月) 21:00
  • 2021/02/23(火) 04:00

世界10大ミステリーを追え!#01 監獄島アルカトラズ

『#1 監獄島アルカトラズ』 悪霊が住むと信じられてきた、サンフランシスコ湾の中程にあるアルカトラズ島。1934年に連邦刑務所になった際には全米でも最も凶暴で問題のある囚人たちだけが送り込まれた。島から逃げ出せた3人も、その消息は不明のまま。果たして3人はサンフランシスコ湾の冷たい水を泳ぎ切り、生きて島の外に出られたのだろうか?

放送時間

  • 2021/02/22(月) 21:00
  • 2021/02/23(火) 04:00

放送時間

  • 2021/02/23(火) 21:00
  • 2021/02/24(水) 04:00

世界10大ミステリーを追え!#02 悪魔の棲む家

『#2 悪魔の棲む家』 映画『悪魔の棲む家』でも描かれた、アミティヴィルで実際に起きた怪奇事件。ロングアイランドの閑静な地域にある大邸宅では、ありとあらゆる心霊現象が体験された。今、新たに別の場所で不気味なほどよく似た現象が起きているという情報を受け、この調査のためだけに新たに考案された技術を用いて、悪霊の存在とその支配力を証明しようと試みる。

放送時間

  • 2021/02/23(火) 21:00
  • 2021/02/24(水) 04:00

放送時間

  • 2021/02/24(水) 21:00
  • 2021/02/25(木) 04:00

世界10大ミステリーを追え!#03 アトランティスの謎

『#3 アトランティスの謎』 約1万年前、現代文明をはるかに凌ぐ文明が繁栄したと言われる「アトランティス」は、ある日突然激しい大洪水に襲われ、わずか一昼夜のうちに海中に没してしまったという。何世紀もの間、探検家や考古学者たちは海に沈んだ伝説の都市の遺跡を探してきたが、新たに水中音波探知機を使った調査を敢行。大西洋に沈む建造物に関する新たな証拠を見つける。

放送時間

  • 2021/02/24(水) 21:00
  • 2021/02/25(木) 04:00

放送時間

  • 2021/02/25(木) 21:00
  • 2021/02/26(金) 04:00

世界10大ミステリーを追え!#04 バミューダ・トライアングル

『#4 バミューダ・トライアングル』 大西洋にある約800平方kmのバミューダ・トライアングルと呼ばれる海域では、船や飛行機が跡形もなく消えてしまうという現象が多発する。数少ない生存者の1人と共にこの海域を飛行し、パイロットが方向感覚を失ってしまう原因を探る。また、探査チームがバハマの海に潜り、最初に消息不明になった飛行機の残骸を見つけようと試みる。

放送時間

  • 2021/02/25(木) 21:00
  • 2021/02/26(金) 04:00

放送時間

  • 2021/02/26(金) 21:00
  • 2021/02/27(土) 04:00

世界10大ミステリーを追え!#05 UFO隠蔽工作

『#5 UFO隠蔽工作』 各国政府が手を組みUFO調査の隠ぺい工作を行っているという事実はあるのか。機密文書が公開されたのを機に、ネバダ州の砂漠とユタ州にある要所に科学者チームを送り込み、徹底調査を進める。アメリカ政府はどのような事実を隠し通そうとしているのか。最新技術を用いて、ベールに包まれた政府施設を探り出す。

放送時間

  • 2021/02/26(金) 21:00
  • 2021/02/27(土) 04:00

放送時間

  • 2021/03/01(月) 21:00
  • 2021/03/02(火) 04:00

世界10大ミステリーを追え!#06 切り裂きジャック

『#6 切り裂きジャック』 1888年、ロンドンのホワイトチャペル地区で5人の売春婦が喉をかき切られ、臓器を摘出されるなどして惨殺された事件は、記録されている中で最も古い連続殺人事件である。犯行はすべて切り裂きジャック1人の仕業だと考えられるも、事件は未解決のまま。しかし100年以上が経った今、新たな証拠から2つの驚くべき新仮説が浮上する。

放送時間

  • 2021/03/01(月) 21:00
  • 2021/03/02(火) 04:00

放送時間

  • 2021/03/02(火) 21:00
  • 2021/03/03(水) 04:00

世界10大ミステリーを追え!#07 第四帝国の台頭

『#7 第四帝国の台頭』 ヒトラーの準軍事組織として恐れられた親衛隊の幹部たちは第二次世界大戦において最も悪評の高い戦争犯罪者となった。終戦後、裁判にかけられた者もいるが多くはドイツからの逃亡に成功している。そんな恐怖のナチ党員の足跡をたどり、ドイツからオーストリア、イタリアへと調査を広げ、更に彼らの多くが身を隠し帝国再建の構想を練っていたとされるパラグアイを訪れる。

放送時間

  • 2021/03/02(火) 21:00
  • 2021/03/03(水) 04:00

放送時間

  • 2021/03/03(水) 21:00
  • 2021/03/04(木) 04:00

世界10大ミステリーを追え!#08 ストーンヘンジ

『#8 ストーンヘンジ』 イギリスの田舎にある古代遺跡ストーンヘンジ。現在に至るまで多くの仮説が存在するが真の目的は明らかになっていない。しかしここに新たに、古代の人々が環状に並んだ石の内側で起きる音の反響効果を利用して、儀式の参加者をトランス状態に導いたとする仮説を元に、そこに存在したかもしれない奇怪なしきたりや奇妙な儀式が行われていた可能性を探る。

放送時間

  • 2021/03/03(水) 21:00
  • 2021/03/04(木) 04:00

放送時間

  • 2021/03/04(木) 21:00
  • 2021/03/05(金) 04:00

世界10大ミステリーを追え!#09 ヒトラー生存説

『#9 ヒトラー生存説』 公式記録によればヒトラーは、大戦末期に連合国軍がベルリンに侵攻して間もなく市内で自殺したことになっているが、彼の死を見た者は誰もいない。遺体も提示されず写真も撮られなかったことで、ヒトラー生存説が浮上し、世界各地で目撃情報が相次いだ。だが1990年代に入り、ヒトラーが死んだことを示す物的証拠があることが明らかになる。この証拠を入手して鑑定を試みる。

放送時間

  • 2021/03/04(木) 21:00
  • 2021/03/05(金) 04:00

放送時間

  • 2021/03/05(金) 21:00
  • 2021/03/06(土) 04:00

世界10大ミステリーを追え!#10 ゾディアック事件

『#10 ゾディアック事件』 1960年代後期に現れた「ゾディアック」を名乗る連続殺人犯は、サンフランシスコ近辺の住民を恐怖に陥れると同時に、謎の暗号を用いて警察を翻弄した。彼は結局捕まらなかったのだ。今、調査団が新たな容疑者をあぶり出し、革新的なDNA鑑定技術の力を借りて一連の殺人騒ぎの解明に一歩近づこうと試みる。 <最終話>

放送時間

  • 2021/03/05(金) 21:00
  • 2021/03/06(土) 04:00

おすすめ番組