古代の宇宙人S9

古代から現代まで続く宇宙人に関する目撃情報や現象を取り上げ、地球における宇宙人の存在を新たな方向から掘り下げる。

二ヶ国語

エピソード

放送時間

  • 2018/04/23(月) 15:00

古代の宇宙人 S3 #31/S9 #101[二]

<S3 #31> 墓地から這い出すゾンビ。永遠に呪われたバンパイア。天国と地獄に挟まれ生死の間をさまよう人間。数千年の昔から人類は、魂の抜けた奇妙な生物との遭遇を語り継いできた。それらは単に人間が作り上げたものなのか?それとも、そこに地球外生命が関わっているのだろうか? <S9 #101> 南極は地球上で最も遠隔の地とされ、未開拓の場所が最も多い大陸である。近年の衛星画像で、この氷の大地には人工のピラミッドらしきものが大陸全体に広がっていることが明らかになってきた。しかしそれは本当なのだろうか?古代宇宙飛行士説の提唱者は、氷河期以前はこの地に地球外生命体が居住していたことを主張する。氷河の奥底には、私たちの祖先となる地球外生命体の謎が隠されているのかもしれないのだ。

放送時間

  • 2018/04/23(月) 15:00

放送時間

  • 2018/04/24(火) 15:00

古代の宇宙人 S3 #32/S9 #102[二]

<S3 #32> 超人的な力、超自然の力、そして空飛ぶ能力。歴史を通じて、人類は神の類まれな力にまつわる信じ難い話を残してきた。しかし、これらの話は単なるでまかせなのか?神話上の神々が本当に存在していたならば、古代に宇宙人が存在したと信じる人々が唱えるように、地球外生物なのか?そしてこの事が、神々やいわゆる「スーパーヒーロー」と呼ばれる存在の終わることのない人気ぶりを説明することにはならないだろうか? <S9 #102> 我々は20年以内に人類初の開拓者たちを火星へ送るであろう。宇宙飛行士たちは約6か月間に及ぶ宇宙旅行を耐え、最初の火星訪問者となる。そして生活も死も火星でむかえることになる。我々が常にこの星に対して魅了され続けるのは何故だろうか?古代宇宙飛行士説の提唱者たちは、地球上の生命の進化と、人間が火星で生命を維持するための計画内容には共通点があると主張している。

放送時間

  • 2018/04/24(火) 15:00

放送時間

  • 2018/04/24(火) 02:00

古代の宇宙人 S9 #101/S3 #31[二]

<S9 #101> 南極は地球上で最も遠隔の地とされ、未開拓の場所が最も多い大陸である。近年の衛星画像で、この氷の大地には人工のピラミッドらしきものが大陸全体に広がっていることが明らかになってきた。しかしそれは本当なのだろうか?古代宇宙飛行士説の提唱者は、氷河期以前はこの地に地球外生命体が居住していたことを主張する。氷河の奥底には、私たちの祖先となる地球外生命体の謎が隠されているのかもしれないのだ。 <S3 #31> 墓地から這い出すゾンビ。永遠に呪われたバンパイア。天国と地獄に挟まれ生死の間をさまよう人間。数千年の昔から人類は、魂の抜けた奇妙な生物との遭遇を語り継いできた。それらは単に人間が作り上げたものなのか?それとも、そこに地球外生命が関わっているのだろうか?

放送時間

  • 2018/04/24(火) 02:00

放送時間

  • 2018/04/23(月) 23:00

古代の宇宙人 S9 #101[二]

南極は地球上で最も遠隔の地とされ、未開拓の場所が最も多い大陸である。近年の衛星画像で、この氷の大地には人工のピラミッドらしきものが大陸全体に広がっていることが明らかになってきた。しかしそれは本当なのだろうか?古代宇宙飛行士説の提唱者は、氷河期以前はこの地に地球外生命体が居住していたことを主張する。氷河の奥底には、私たちの祖先となる地球外生命体の謎が隠されているのかもしれないのだ。

放送時間

  • 2018/04/23(月) 23:00

放送時間

  • 2018/04/25(水) 02:00

古代の宇宙人 S9 #102/S3 #32[二]

<S9 #102> 我々は20年以内に人類初の開拓者たちを火星へ送るであろう。宇宙飛行士たちは約6か月間に及ぶ宇宙旅行を耐え、最初の火星訪問者となる。そして生活も死も火星でむかえることになる。我々が常にこの星に対して魅了され続けるのは何故だろうか?古代宇宙飛行士説の提唱者たちは、地球上の生命の進化と、人間が火星で生命を維持するための計画内容には共通点があると主張している。 <S3 #32> 超人的な力、超自然の力、そして空飛ぶ能力。歴史を通じて、人類は神の類まれな力にまつわる信じ難い話を残してきた。しかし、これらの話は単なるでまかせなのか?神話上の神々が本当に存在していたならば、古代に宇宙人が存在したと信じる人々が唱えるように、地球外生物なのか?そしてこの事が、神々やいわゆる「スーパーヒーロー」と呼ばれる存在の終わることのない人気ぶりを説明することにはならないだろうか?

放送時間

  • 2018/04/25(水) 02:00

放送時間

  • 2018/04/24(火) 23:00

古代の宇宙人 S9 #102[二]

我々は20年以内に人類初の開拓者たちを火星へ送るであろう。宇宙飛行士たちは約6か月間に及ぶ宇宙旅行を耐え、最初の火星訪問者となる。そして生活も死も火星でむかえることになる。我々が常にこの星に対して魅了され続けるのは何故だろうか?古代宇宙飛行士説の提唱者たちは、地球上の生命の進化と、人間が火星で生命を維持するための計画内容には共通点があると主張している。

放送時間

  • 2018/04/24(火) 23:00

放送時間

  • 2018/04/25(水) 23:00

古代の宇宙人 S9 #103[二]

21世紀、急速に進化し続けるテクノロジーは人間と機械が融合するという新たな局面へと舵を切っている。超人間主義者たちは、人間がサイボーグ化し、高度な知能や大気圏外で生存できる能力を獲得し、更には不老不死を実現する可能性を想定している。しかし、このような超人間的生物が、かつての地球上を闊歩していた可能性はないだろうか?それこそ我々の祖先が、神として崇めた生命体ではないだろうか?

放送時間

  • 2018/04/25(水) 23:00

放送時間

  • 2018/04/26(木) 23:00

古代の宇宙人 S9 #104[二]

世界中の何百万もの人々は、人間は過去に地球外生命体からの訪問を受けていると信じているが、もしそれが事実なら?それは古代宇宙飛行士説論者たちが突き付けられてきた疑問であり、科学や考古学などの分野の調査からその答えを見つけようとしてきた。近年、遠い過去に地球が宇宙人による介入を受けたことを裏付ける新たな発見が続々と報告されている。我々は残された全ての問いを圧倒する証拠を手にしたのだろうか?

放送時間

  • 2018/04/26(木) 23:00

放送時間

  • 2018/04/27(金) 23:00

古代の宇宙人 S9 #105[二]

人類が地球外生命体と遭遇した際には、数学などの普遍的な言語を通して話をする必要があると科学者たちは理論づける。しかし宇宙人は、優れた数学者やエンジニアを通してすでに我々と交信しているのではないか?そしてそのようにして宇宙時代やコンピュータをもたらす手助けをしたのではないだろうか?人類の絶大なる先見者たちが、宇宙人によるマスタープランを実行する役割を担っているという可能性はないだろうか?

放送時間

  • 2018/04/27(金) 23:00

放送時間

  • 2018/04/30(月) 23:00

古代の宇宙人 S9 #106[二]

宇宙卵とは、宇宙もしくは原始的な生物は卵から孵ったという考え方だが、多くの神話や文化の中に見られるものだ。なぜこのような考え方が世界中に広まっているのか?宇宙卵についての手がかりは、卵と共に見られる象形に隠されている可能性がある。古代宇宙飛行士説の提唱者たちは、世界中に存在する宗教的な象徴と同様、宇宙卵にはとてつもなく深い意味が込められているのではないかと主張する。

放送時間

  • 2018/04/30(月) 23:00

放送時間

  • 2018/03/26(月) 15:00

古代の宇宙人S2#10/S9#113[二]

<S2#10> 人類が受け継いできた高度な技術は彼らがもたらしたものなのだろうか?第三帝国が20世紀の科学の限界をはるかに超えた謎の武器や戦闘機を作ろうとしたのは、この技術があったからなのだろうか?第二次世界大戦中、ナチス・ドイツがインドの古文書から発見した謎の技術を用いて宇宙船を製造したという報道があった。ヒトラーは、古代の地球外生物がもたらした技術に焚き付けられ、世界征服という野望を抱いたのだろうか? <S9#113> 1947年におきたロズウェル事件。墜落したのは宇宙船ではなく、ただの気球だと米軍は長らく否定してきた。ところが2011年に発表されたFBIの資料には、当時のFBI長官に宛てたメモが残されており、3つの“空飛ぶ円盤”の回収について記されていたのだ。本当にアメリカ政府は宇宙船を持っているのだろうか?古代宇宙飛行士説論者たちは、ロズウェルは氷山の一角に過ぎないと言う。

放送時間

  • 2018/03/26(月) 15:00

放送時間

  • 2018/03/27(火) 15:00

古代の宇宙人S2#11/S9#114[二]

<S2#11> 灼熱の殺人光線、ハイテクロケット、音速の武器…。これらの起源は数千年前にあるのだろうか?この時代に生きる我々よりも古代の人間の方が科学的に優れていたというのはありえることなのか?古代の記述や伝説には、人間がディスク型の空飛ぶ機械や火を噴く戦車を目撃していたことが示されている。これらは空飛ぶ円盤やロケット船のことなのか?これらのアイデアは別世界の生物がもたらしたものなのか? <S9#114> 21世紀になり初めて、主流の学者・各国政府らは地球外に存在する知能の高い生命体を突き止めるべく、公開捜査に乗り出した。それまでこのような活動が公にされることはなかったが、実際には何十年にもわたり調査が行われてきたという。古代宇宙飛行士説論者たちは、主流派が調査を始めたのは彼らの中にすでに地球外生命体と接触した者がいるからだという。

放送時間

  • 2018/03/27(火) 15:00

放送時間

  • 2018/03/28(水) 15:00

古代の宇宙人S2#12/S9#115[二]

<S2#12> もし地球外生物が人類の歴史に影響を与えたとすれば、彼らの存在を示す証拠が世界中の秘密の地下道や洞窟にあるのだろうか?エクアドルの洞穴には宇宙人の技術を記した金属製の本が残されているのか?トルコの古代地下都市は宇宙人の協力を得て造られたのか、それとも宇宙人の攻撃から逃れるためのものだったのか? <S9#115> 世界中の至る所で、宇宙人によって何千もの人々が誘拐されたと報告されている。宇宙人による誘拐は本当なのだろうか?だとすれば、なぜ人は連れ去られるのか?それよりも重要なのは、なぜ彼らは地球に戻されるのか?地球外生命体がこれらの誘拐により、ひそかに人類を操作しているという可能性はないだろうか?

放送時間

  • 2018/03/28(水) 15:00

放送時間

  • 2018/03/29(木) 15:00

古代の宇宙人S2#13/S9#116[二]

<S2#13> 聖書の記述や昔からの言い伝えには、天のメッセージを伝える翼を持った生き物が登場する。天使とは人間の創造の産物なのか?古代に宇宙人が存在したという理論が正しければ、旧約聖書が地球外生物の来訪に関する手引書のようなものであったと解釈できる。天使とは本当に天からやってきた超自然的な存在なのだろうか?それとも遠く離れた星から地球にやってきた来訪者なのか? <S9#116> 何百万もいるヒンズー教の神のうち、最も重要なのは、破壊の神シヴァである。古代宇宙飛行士説論者たちは、空飛ぶ機械、超人的な武器、そして超自然的能力を持ち合わせたこの強力な存在こそが、宇宙の一派のリーダーであり、高度技術をもって地球にやってきたのではないかという。証拠は、古代の聖典ヴェーダに記述された驚異の物語だけでなく、ヒンズー世界の随所にある石に刻まれているという。

放送時間

  • 2018/03/29(木) 15:00

放送時間

  • 2018/03/21(水) 15:00

古代の宇宙人S2#7/S9#110[二]

<S2#7> 神話や伝説は力を持った神や突然変異による巨人、恐ろしい怪物などを描写した幻想的な物語だと考えられてきた。しかし、互いに遠く離れた全く違う文化に、なぜ同じ物語が存在するのだろうか?神話や伝説は、地球にやってきた古代の宇宙人について語られたものなのか? <S9#110> 最近の考古学の発見により、遠い昔に地球上の生活がどのようなものであったか、これまでとは大きく違う考えが明らかになった。それは、人間に似た知能の高い種と人間が共存していたというのだ。ヒト科の種は一体どのようにして個々に発達していったのであろうか。古代宇宙飛行士説論者たちは、地球そのものが地球外実験室の役割をしていた可能性があると主張する。人類は、地球外実験の結果にすぎないのか?

放送時間

  • 2018/03/21(水) 15:00

放送時間

  • 2018/03/22(木) 15:00

古代の宇宙人S2#8/S9#111[二]

<S2#8> 地球のいたる所にある神秘的な場所でUFOは目撃されることが多い。バミューダ・トライアングルでは飛行機や船が消息を絶ち、メキシコのサイレンス・ゾーンでは隕石が落ちやすいと考えられている。マルカワシ高原には古代の高度な文明が残したとされる奇妙な岩があちこちにある。こういった地域の共通点は何なのか? <S9#111> 古代から人間を魅了し、地球に大きな影響を及ぼしている身近な天体・月。その実体は謎めいている。アポロ12号の探査終了後、着陸船を月面に落下させると、月はまるで鐘のように鳴り響き、振動を続けたという。そこから月の内部は空洞ではないかという説がある。古代宇宙飛行士説の提唱者たちは、月は地球外生命体が造った人工物ではないかと指摘する。

放送時間

  • 2018/03/22(木) 15:00

放送時間

  • 2018/03/23(金) 15:00

古代の宇宙人S2#9/S9#112[二]

<S2#9> 人類の誕生以来、別世界の相手と接触した人間の話はずっと語られてきた。多くの場合、人間はその接触から道徳的、哲学的、芸術的刺激を受けている。イングランド軍を破る方法をジャンヌダルクに教えたのは天使なのか、地球外生物なのか?インドの少年はヒンズー教の女神から高度な数式を習うことができたのか?アメリカの兵士は宇宙人の飛行物体に触れながらどんなメッセージを受け取ったのか?そして接触の目的とは? <S9#112> 広大な国・ロシア。そのほとんどに人が住まず、探検すらされていない。そして人類文明の起源は宇宙にあり、宇宙へ戻る運命にあると考える宇宙主義の発祥地でもある。しかし共産主義の台頭により、地球外との接触が秘密という壁で覆い隠されてしまったと信じる人も多い。古代宇宙飛行士説論者たちは、ロシアの国家設立より先に地球外生命体はこの地を訪問していたと主張する。

放送時間

  • 2018/03/23(金) 15:00

放送時間

  • 2018/03/05(月) 15:00

古代の宇宙人S3#30/S9#98[二]

<S3#30> 電磁エネルギーによって結び付いた巨大な遺跡。途方もなく離れているのに一直線に並んだ先史時代の遺跡。5000年以上前の史跡に刻まれた高度な数学。古代の人類が残した壮大な建造物は、人間だけの力によるものなのか?それとも、宇宙からの訪問者がデザインし相互につながりを持たせたという証拠がどこかに存在しているのだろか? <S9#98> 1960年代からイギリスをはじめとする世界各地の畑に出現するようになった謎の円形。90年代に急増し、世界各地に複雑な模様を持つものが多くなる。多くのミステリーサークルはいたずらだと判明するが、研究者たちは人間の技術では作れないものもあると言う。一部のミステリーサークルは政府が宇宙へ発する「返事」として作成されているのではないか、とも囁かれている。

放送時間

  • 2018/03/05(月) 15:00

放送時間

  • 2018/03/09(金) 02:00

古代の宇宙人S9#101/決定的証拠を探せ!#1[二]

<S9#101> 南極は地球上で最も遠隔の地とされ、未開拓の場所が最も多い大陸である。近年の衛星画像で、この氷の大地には人工のピラミッドらしきものが大陸全体に広がっていることが明らかになってきた。しかしそれは本当なのだろうか?古代宇宙飛行士説の提唱者は、氷河期以前はこの地に地球外生命体が居住していたことを主張する。氷河の奥底には、私たちの祖先となる地球外生命体の謎が隠されているのかもしれないのだ。 <決定的#1> ジョルジョ・ツォカロスが、ナスカの地上絵の謎に迫る。何百もの巨大な直線、動物の輪郭、幾何学的な模様、さらに宇宙人のような形が広大な平原に描かれている。誰が何の目的でこれらの地上絵を作ったのか?宇宙人飛行士説を提唱する専門家たちは、古代人たちが来訪した神々に敬意を表してその姿を残したもので、地球外生命体との繋がりを証明するものだというが…。

放送時間

  • 2018/03/09(金) 02:00

放送時間

  • 2018/03/13(火) 02:00

古代の宇宙人S9#103/決定的証拠を探せ!#3[二]

<S9#103> 21世紀、急速に進化し続けるテクノロジーは人間と機械が融合するという新たな局面へと舵を切っている。超人間主義者たちは、人間がサイボーグ化し、高度な知能や大気圏外で生存できる能力を獲得し、更には不老不死を実現する可能性を想定している。しかし、このような超人間的生物が、かつての地球上を闊歩していた可能性はないだろうか?それこそ我々の祖先が、神として崇めた生命体ではないだろうか? <決定的#3> 20世紀で多くの発明品を生み出した科学者の一人、ニコラ・テスラ。彼は天才的な発明のみならず、他の惑星の知的生物と通信していたという。彼が時代を先駆ける“ヒューマンレシーバー”であった可能性はないだろうか?もしかすると、人類を進歩させ、我々の祖先である古代の宇宙飛行士との再会を果たすために役割を与えられたのではないのだろうか?

放送時間

  • 2018/03/13(火) 02:00

放送時間

  • 2018/03/14(水) 02:00

古代の宇宙人S9#104/決定的証拠を探せ!#4[二]

<S9#104> 世界中の何百万もの人々は、人間は過去に地球外生命体からの訪問を受けていると信じているが、もしそれが事実なら?それは古代宇宙飛行士説論者たちが突き付けられてきた疑問であり、科学や考古学などの分野の調査からその答えを見つけようとしてきた。近年、遠い過去に地球が宇宙人による介入を受けたことを裏付ける新たな発見が続々と報告されている。我々は残された全ての問いを圧倒する証拠を手にしたのだろうか? <決定的#4> 何千年も前の我々の祖先は、電力を生み出す知識を持っていたのだろうか?ジョルジョ・ツォカロスは、地球上の有名な遺跡には長年忘れ去られた電力源が眠っており、天上との接点になっているという。古代人たちが電力を使っていたことを裏付ける証拠があるのだ。果たしてそれはどこから得た知識だったのだろうか?

放送時間

  • 2018/03/14(水) 02:00

放送時間

  • 2018/03/15(木) 02:00

古代の宇宙人S9#105/決定的証拠を探せ!#5[二]

<S9#105> 人類が地球外生命体と遭遇した際には、数学などの普遍的な言語を通して話をする必要があると科学者たちは理論づける。しかし宇宙人は、優れた数学者やエンジニアを通してすでに我々と交信しているのではないか?そしてそのようにして宇宙時代やコンピュータをもたらす手助けをしたのではないだろうか?人類の絶大なる先見者たちが、宇宙人によるマスタープランを実行する役割を担っているという可能性はないだろうか? <決定的#5> ジョルジョ・ツォカロスが、地球上最も謎に包まれた土地、プマプンクを訪れる。高度12,000フィートの高原砂漠にあるこの地では、地球上で最大規模とされる膨大な巨石が多く見つかっている。一般的な科学者は、この巨石は約2,000年前のものだと見ているが、古代宇宙飛行士説提唱者は、プマプンクの巨石の精密さは先進技術がもたらされた結果だと指摘する。この遺跡が地球外生命体によって作られた可能性を探ってゆく。

放送時間

  • 2018/03/15(木) 02:00

放送時間

  • 2018/03/16(金) 02:00

古代の宇宙人S9#106/決定的証拠を探せ!#6[二]

<S9#106> 宇宙卵とは、宇宙もしくは原始的な生物は卵から孵ったという考え方だが、多くの神話や文化の中に見られるものだ。なぜこのような考え方が世界中に広まっているのか?宇宙卵についての手がかりは、卵と共に見られる象形に隠されている可能性がある。古代宇宙飛行士説の提唱者たちは、世界中に存在する宗教的な象徴と同様、宇宙卵にはとてつもなく深い意味が込められているのではないかと主張する。 <決定的#6> ジョルジョ・ツォカロスが、地球上に残された遺跡のあらゆる刻印や描画、建造物に隠された謎に迫る。それらの遺跡は、どれも地球上の反対側にあるにも関わらず酷似している面が多い。果たしてこれらは偶然の一致に過ぎないのだろうか?人類の最大の問いである、私たち起源を紐解く答えは、エイリアンのメッセージとして地球上の至る所に存在しているのではないだろうか?

放送時間

  • 2018/03/16(金) 02:00

放送時間

  • 2018/03/20(火) 02:00

古代の宇宙人S9#108/決定的証拠を探せ!#8[二]

<S9#108> 世界各地で、9人から成る神々のグループが存在している。ギリシャ神話のオリュンポスの神々の主要メンバーも9人であり、彼らが議会を招集して人類に関する決め事をしていたという。一方、NASAが撮影した宇宙写真には不審な人工衛星が写っていた。この衛星は1万年以上前から地球を周回し、我々を監視しているという噂がある。こうした存在は、地球や人類の監視役なのだろうか? <決定的#8> 地球に住む人類は、他の生物となぜここまで違う生物なのだろうか?私たちは本当に類人猿から進化したのか?それとも私たちの知能は地球外からもたらされた産物なのか?エイリアンとの接触を紐解きながら、私たちは人類の起源の謎に辿りつけるのではないだろうか?古代宇宙飛行士説を唱えるジョルジョ・ツォカロスが、科学や考古学における最新の研究結果を提示しながら私たちの起源に迫ってゆく。

放送時間

  • 2018/03/20(火) 02:00

放送時間

  • 2018/03/22(木) 02:00

古代の宇宙人S9#110/S2#7[二]

<S9#110> 最近の考古学の発見により、遠い昔に地球上の生活がどのようなものであったか、これまでとは大きく違う考えが明らかになった。それは、人間に似た知能の高い種と人間が共存していたというのだ。ヒト科の種は一体どのようにして個々に発達していったのであろうか。古代宇宙飛行士説論者たちは、地球そのものが地球外実験室の役割をしていた可能性があると主張する。人類は、地球外実験の結果にすぎないのか? <S2#7> 神話や伝説は力を持った神や突然変異による巨人、恐ろしい怪物などを描写した幻想的な物語だと考えられてきた。しかし、互いに遠く離れた全く違う文化に、なぜ同じ物語が存在するのだろうか?神話や伝説は、地球にやってきた古代の宇宙人について語られたものなのか?

放送時間

  • 2018/03/22(木) 02:00

放送時間

  • 2018/03/23(金) 02:00

古代の宇宙人S9#111/S2#8[二]

<S9#111> 古代から人間を魅了し、地球に大きな影響を及ぼしている身近な天体・月。その実体は謎めいている。アポロ12号の探査終了後、着陸船を月面に落下させると、月はまるで鐘のように鳴り響き、振動を続けたという。そこから月の内部は空洞ではないかという説がある。古代宇宙飛行士説の提唱者たちは、月は地球外生命体が造った人工物ではないかと指摘する。 <S2#8> 地球のいたる所にある神秘的な場所でUFOは目撃されることが多い。バミューダ・トライアングルでは飛行機や船が消息を絶ち、メキシコのサイレンス・ゾーンでは隕石が落ちやすいと考えられている。マルカワシ高原には古代の高度な文明が残したとされる奇妙な岩があちこちにある。こういった地域の共通点は何なのか?

放送時間

  • 2018/03/23(金) 02:00

放送時間

  • 2018/03/24(土) 02:00

古代の宇宙人S9#112/S2#9[二]

<S9#112> 広大な国・ロシア。そのほとんどに人が住まず、探検すらされていない。そして人類文明の起源は宇宙にあり、宇宙へ戻る運命にあると考える宇宙主義の発祥地でもある。しかし共産主義の台頭により、地球外との接触が秘密という壁で覆い隠されてしまったと信じる人も多い。古代宇宙飛行士説論者たちは、ロシアの国家設立より先に地球外生命体はこの地を訪問していたと主張する。 <S2#9> 人類の誕生以来、別世界の相手と接触した人間の話はずっと語られてきた。多くの場合、人間はその接触から道徳的、哲学的、芸術的刺激を受けている。イングランド軍を破る方法をジャンヌダルクに教えたのは天使なのか、地球外生物なのか?インドの少年はヒンズー教の女神から高度な数式を習うことができたのか?アメリカの兵士は宇宙人の飛行物体に触れながらどんなメッセージを受け取ったのか?そして接触の目的とは?

放送時間

  • 2018/03/24(土) 02:00

放送時間

  • 2018/03/27(火) 02:00

古代の宇宙人S9#113/S2#10[二]

<S9#113> 1947年におきたロズウェル事件。墜落したのは宇宙船ではなく、ただの気球だと米軍は長らく否定してきた。ところが2011年に発表されたFBIの資料には、当時のFBI長官に宛てたメモが残されており、3つの“空飛ぶ円盤”の回収について記されていたのだ。本当にアメリカ政府は宇宙船を持っているのだろうか?古代宇宙飛行士説論者たちは、ロズウェルは氷山の一角に過ぎないと言う。 <S2#10> 人類が受け継いできた高度な技術は彼らがもたらしたものなのだろうか?第三帝国が20世紀の科学の限界をはるかに超えた謎の武器や戦闘機を作ろうとしたのは、この技術があったからなのだろうか?第二次世界大戦中、ナチス・ドイツがインドの古文書から発見した謎の技術を用いて宇宙船を製造したという報道があった。ヒトラーは、古代の地球外生物がもたらした技術に焚き付けられ、世界征服という野望を抱いたのだろうか?

放送時間

  • 2018/03/27(火) 02:00

放送時間

  • 2018/03/28(水) 02:00

古代の宇宙人S9#114/S2#11[二]

<S9#114> 21世紀になり初めて、主流の学者・各国政府らは地球外に存在する知能の高い生命体を突き止めるべく、公開捜査に乗り出した。それまでこのような活動が公にされることはなかったが、実際には何十年にもわたり調査が行われてきたという。古代宇宙飛行士説論者たちは、主流派が調査を始めたのは彼らの中にすでに地球外生命体と接触した者がいるからだという。 <S2#11> 灼熱の殺人光線、ハイテクロケット、音速の武器…。これらの起源は数千年前にあるのだろうか?この時代に生きる我々よりも古代の人間の方が科学的に優れていたというのはありえることなのか?古代の記述や伝説には、人間がディスク型の空飛ぶ機械や火を噴く戦車を目撃していたことが示されている。これらは空飛ぶ円盤やロケット船のことなのか?これらのアイデアは別世界の生物がもたらしたものなのか?

放送時間

  • 2018/03/28(水) 02:00

放送時間

  • 2018/03/29(木) 02:00

古代の宇宙人S9#115/S2#12[二]

<S9#115> 世界中の至る所で、宇宙人によって何千もの人々が誘拐されたと報告されている。宇宙人による誘拐は本当なのだろうか?だとすれば、なぜ人は連れ去られるのか?それよりも重要なのは、なぜ彼らは地球に戻されるのか?地球外生命体がこれらの誘拐により、ひそかに人類を操作しているという可能性はないだろうか? <S2#12> もし地球外生物が人類の歴史に影響を与えたとすれば、彼らの存在を示す証拠が世界中の秘密の地下道や洞窟にあるのだろうか?エクアドルの洞穴には宇宙人の技術を記した金属製の本が残されているのか?トルコの古代地下都市は宇宙人の協力を得て造られたのか、それとも宇宙人の攻撃から逃れるためのものだったのか?

放送時間

  • 2018/03/29(木) 02:00

放送時間

  • 2018/03/30(金) 02:00

古代の宇宙人S9#116/S2#13[二]

<S9#116> 何百万もいるヒンズー教の神のうち、最も重要なのは、破壊の神シヴァである。古代宇宙飛行士説論者たちは、空飛ぶ機械、超人的な武器、そして超自然的能力を持ち合わせたこの強力な存在こそが、宇宙の一派のリーダーであり、高度技術をもって地球にやってきたのではないかという。証拠は、古代の聖典ヴェーダに記述された驚異の物語だけでなく、ヒンズー世界の随所にある石に刻まれているという。 <S2#13> 聖書の記述や昔からの言い伝えには、天のメッセージを伝える翼を持った生き物が登場する。天使とは人間の創造の産物なのか?古代に宇宙人が存在したという理論が正しければ、旧約聖書が地球外生物の来訪に関する手引書のようなものであったと解釈できる。天使とは本当に天からやってきた超自然的な存在なのだろうか?それとも遠く離れた星から地球にやってきた来訪者なのか?

放送時間

  • 2018/03/30(金) 02:00

放送時間

  • 2018/03/08(木) 23:00

古代の宇宙人S9 #101[二]

南極は地球上で最も遠隔の地とされ、未開拓の場所が最も多い大陸である。近年の衛星画像で、この氷の大地には人工のピラミッドらしきものが大陸全体に広がっていることが明らかになってきた。しかしそれは本当なのだろうか?古代宇宙飛行士説の提唱者は、氷河期以前はこの地に地球外生命体が居住していたことを主張する。氷河の奥底には、私たちの祖先となる地球外生命体の謎が隠されているのかもしれないのだ。

放送時間

  • 2018/03/08(木) 23:00

放送時間

  • 2018/03/09(金) 23:00

古代の宇宙人S9 #102[二]

我々は20年以内に人類初の開拓者たちを火星へ送るであろう。宇宙飛行士たちは約6か月間に及ぶ宇宙旅行を耐え、最初の火星訪問者となる。そして生活も死も火星でむかえることになる。我々が常にこの星に対して魅了され続けるのは何故だろうか?古代宇宙飛行士説の提唱者たちは、地球上の生命の進化と、人間が火星で生命を維持するための計画内容には共通点があると主張している。

放送時間

  • 2018/03/09(金) 23:00

放送時間

  • 2018/03/12(月) 23:00

古代の宇宙人S9 #103[二]

21世紀、急速に進化し続けるテクノロジーは人間と機械が融合するという新たな局面へと舵を切っている。超人間主義者たちは、人間がサイボーグ化し、高度な知能や大気圏外で生存できる能力を獲得し、更には不老不死を実現する可能性を想定している。しかし、このような超人間的生物が、かつての地球上を闊歩していた可能性はないだろうか?それこそ我々の祖先が、神として崇めた生命体ではないだろうか?

放送時間

  • 2018/03/12(月) 23:00

放送時間

  • 2018/03/13(火) 23:00

古代の宇宙人S9 #104[二]

世界中の何百万もの人々は、人間は過去に地球外生命体からの訪問を受けていると信じているが、もしそれが事実なら?それは古代宇宙飛行士説論者たちが突き付けられてきた疑問であり、科学や考古学などの分野の調査からその答えを見つけようとしてきた。近年、遠い過去に地球が宇宙人による介入を受けたことを裏付ける新たな発見が続々と報告されている。我々は残された全ての問いを圧倒する証拠を手にしたのだろうか?

放送時間

  • 2018/03/13(火) 23:00

放送時間

  • 2018/03/14(水) 23:00

古代の宇宙人S9 #105[二]

人類が地球外生命体と遭遇した際には、数学などの普遍的な言語を通して話をする必要があると科学者たちは理論づける。しかし宇宙人は、優れた数学者やエンジニアを通してすでに我々と交信しているのではないか?そしてそのようにして宇宙時代やコンピュータをもたらす手助けをしたのではないだろうか?人類の絶大なる先見者たちが、宇宙人によるマスタープランを実行する役割を担っているという可能性はないだろうか?

放送時間

  • 2018/03/14(水) 23:00

放送時間

  • 2018/03/15(木) 23:00

古代の宇宙人S9 #106[二]

宇宙卵とは、宇宙もしくは原始的な生物は卵から孵ったという考え方だが、多くの神話や文化の中に見られるものだ。なぜこのような考え方が世界中に広まっているのか?宇宙卵についての手がかりは、卵と共に見られる象形に隠されている可能性がある。古代宇宙飛行士説の提唱者たちは、世界中に存在する宗教的な象徴と同様、宇宙卵にはとてつもなく深い意味が込められているのではないかと主張する。

放送時間

  • 2018/03/15(木) 23:00

放送時間

  • 2018/03/16(金) 23:00

古代の宇宙人S9 #107[二]

オーストラリア大陸には長い間、先住民のアボリジニの人々が暮らしている。彼らの歴史は6万年前にさかのぼるとも言われるが、洞窟壁画や岩絵などには天から降りてきた創造神の姿があちこちに描かれている。宇宙とのつながりを示唆する言い伝えも多いが、その中には地質記録に合致するものもあり、事実を説明している可能性が高いという。アボリジニの文化から、我々の起源が明らかになるのだろうか。

放送時間

  • 2018/03/16(金) 23:00

放送時間

  • 2018/03/19(月) 23:00

古代の宇宙人S9 #108[二]

世界各地で、9人から成る神々のグループが存在している。ギリシャ神話のオリュンポスの神々の主要メンバーも9人であり、彼らが議会を招集して人類に関する決め事をしていたという。一方、NASAが撮影した宇宙写真には不審な人工衛星が写っていた。この衛星は1万年以上前から地球を周回し、我々を監視しているという噂がある。こうした存在は、地球や人類の監視役なのだろうか?

放送時間

  • 2018/03/19(月) 23:00

放送時間

  • 2018/03/21(水) 23:00

古代の宇宙人S9 #110[二]

最近の考古学の発見により、遠い昔に地球上の生活がどのようなものであったか、これまでとは大きく違う考えが明らかになった。それは、人間に似た知能の高い種と人間が共存していたというのだ。ヒト科の種は一体どのようにして個々に発達していったのであろうか。古代宇宙飛行士説論者たちは、地球そのものが地球外実験室の役割をしていた可能性があると主張する。人類は、地球外実験の結果にすぎないのか?

放送時間

  • 2018/03/21(水) 23:00

放送時間

  • 2018/03/22(木) 23:00

古代の宇宙人S9 #111[二]

古代から人間を魅了し、地球に大きな影響を及ぼしている身近な天体・月。その実体は謎めいている。アポロ12号の探査終了後、着陸船を月面に落下させると、月はまるで鐘のように鳴り響き、振動を続けたという。そこから月の内部は空洞ではないかという説がある。古代宇宙飛行士説の提唱者たちは、月は地球外生命体が造った人工物ではないかと指摘する。

放送時間

  • 2018/03/22(木) 23:00

放送時間

  • 2018/03/23(金) 23:00

古代の宇宙人S9 #112[二]

広大な国・ロシア。そのほとんどに人が住まず、探検すらされていない。そして人類文明の起源は宇宙にあり、宇宙へ戻る運命にあると考える宇宙主義の発祥地でもある。しかし共産主義の台頭により、地球外との接触が秘密という壁で覆い隠されてしまったと信じる人も多い。古代宇宙飛行士説論者たちは、ロシアの国家設立より先に地球外生命体はこの地を訪問していたと主張する。

放送時間

  • 2018/03/23(金) 23:00

放送時間

  • 2018/03/26(月) 23:00

古代の宇宙人S9 #113[二]

1947年におきたロズウェル事件。墜落したのは宇宙船ではなく、ただの気球だと米軍は長らく否定してきた。ところが2011年に発表されたFBIの資料には、当時のFBI長官に宛てたメモが残されており、3つの“空飛ぶ円盤”の回収について記されていたのだ。本当にアメリカ政府は宇宙船を持っているのだろうか?古代宇宙飛行士説論者たちは、ロズウェルは氷山の一角に過ぎないと言う。

放送時間

  • 2018/03/26(月) 23:00

放送時間

  • 2018/03/27(火) 23:00

古代の宇宙人S9 #114[二]

21世紀になり初めて、主流の学者・各国政府らは地球外に存在する知能の高い生命体を突き止めるべく、公開捜査に乗り出した。それまでこのような活動が公にされることはなかったが、実際には何十年にもわたり調査が行われてきたという。古代宇宙飛行士説論者たちは、主流派が調査を始めたのは彼らの中にすでに地球外生命体と接触した者がいるからだという。

放送時間

  • 2018/03/27(火) 23:00

放送時間

  • 2018/03/28(水) 23:00

古代の宇宙人S9 #115[二]

世界中の至る所で、宇宙人によって何千もの人々が誘拐されたと報告されている。宇宙人による誘拐は本当なのだろうか?だとすれば、なぜ人は連れ去られるのか?それよりも重要なのは、なぜ彼らは地球に戻されるのか?地球外生命体がこれらの誘拐により、ひそかに人類を操作しているという可能性はないだろうか?

放送時間

  • 2018/03/28(水) 23:00

放送時間

  • 2018/03/29(木) 23:00

古代の宇宙人S9 #116[二]

何百万もいるヒンズー教の神のうち、最も重要なのは、破壊の神シヴァである。古代宇宙飛行士説論者たちは、空飛ぶ機械、超人的な武器、そして超自然的能力を持ち合わせたこの強力な存在こそが、宇宙の一派のリーダーであり、高度技術をもって地球にやってきたのではないかという。証拠は、古代の聖典ヴェーダに記述された驚異の物語だけでなく、ヒンズー世界の随所にある石に刻まれているという。

放送時間

  • 2018/03/29(木) 23:00

放送時間

  • 2018/03/08(木) 15:00

古代の宇宙人 決定的証拠を探せ!#1/S9#101[二]

<決定的#1> ジョルジョ・ツォカロスが、ナスカの地上絵の謎に迫る。何百もの巨大な直線、動物の輪郭、幾何学的な模様、さらに宇宙人のような形が広大な平原に描かれている。誰が何の目的でこれらの地上絵を作ったのか?宇宙人飛行士説を提唱する専門家たちは、古代人たちが来訪した神々に敬意を表してその姿を残したもので、地球外生命体との繋がりを証明するものだというが…。 <S9#101> 南極は地球上で最も遠隔の地とされ、未開拓の場所が最も多い大陸である。近年の衛星画像で、この氷の大地には人工のピラミッドらしきものが大陸全体に広がっていることが明らかになってきた。しかしそれは本当なのだろうか?古代宇宙飛行士説の提唱者は、氷河期以前はこの地に地球外生命体が居住していたことを主張する。氷河の奥底には、私たちの祖先となる地球外生命体の謎が隠されているのかもしれないのだ。

放送時間

  • 2018/03/08(木) 15:00

放送時間

  • 2018/03/09(金) 15:00

古代の宇宙人 決定的証拠を探せ!#2/S9#102[二]

<決定的#2> ジョルジョ・ツォカロスが、「モノリス」の名で知られる驚異の巨石建造物の謎に迫る。古代人はなぜ重さ何千ポンドにも及ぶ巨大な岩を動かし、世界中に同じような巨石記念碑を造り出したのか。古代人は、地球外生命体の教えによって複雑な建造物を造ったのではないだろうか?そしてそこには、地球外生命体による先進技術の秘密が隠されているのではないか? <S9#102> 我々は20年以内に人類初の開拓者たちを火星へ送るであろう。宇宙飛行士たちは約6か月間に及ぶ宇宙旅行を耐え、最初の火星訪問者となる。そして生活も死も火星でむかえることになる。我々が常にこの星に対して魅了され続けるのは何故だろうか?古代宇宙飛行士説の提唱者たちは、地球上の生命の進化と、人間が火星で生命を維持するための計画内容には共通点があると主張している。

放送時間

  • 2018/03/09(金) 15:00

放送時間

  • 2018/03/12(月) 15:00

古代の宇宙人 決定的証拠を探せ!#3/S9#103[二]

<決定的#3> 20世紀で多くの発明品を生み出した科学者の一人、ニコラ・テスラ。彼は天才的な発明のみならず、他の惑星の知的生物と通信していたという。彼が時代を先駆ける“ヒューマンレシーバー”であった可能性はないだろうか?もしかすると、人類を進歩させ、我々の祖先である古代の宇宙飛行士との再会を果たすために役割を与えられたのではないのだろうか? <S9#103> 21世紀、急速に進化し続けるテクノロジーは人間と機械が融合するという新たな局面へと舵を切っている。超人間主義者たちは、人間がサイボーグ化し、高度な知能や大気圏外で生存できる能力を獲得し、更には不老不死を実現する可能性を想定している。しかし、このような超人間的生物が、かつての地球上を闊歩していた可能性はないだろうか?それこそ我々の祖先が、神として崇めた生命体ではないだろうか?

放送時間

  • 2018/03/12(月) 15:00

放送時間

  • 2018/03/13(火) 15:00

古代の宇宙人 決定的証拠を探せ!#4/S9#104[二]

<決定的#4> 何千年も前の我々の祖先は、電力を生み出す知識を持っていたのだろうか?ジョルジョ・ツォカロスは、地球上の有名な遺跡には長年忘れ去られた電力源が眠っており、天上との接点になっているという。古代人たちが電力を使っていたことを裏付ける証拠があるのだ。果たしてそれはどこから得た知識だったのだろうか? <S9#104> 世界中の何百万もの人々は、人間は過去に地球外生命体からの訪問を受けていると信じているが、もしそれが事実なら?それは古代宇宙飛行士説論者たちが突き付けられてきた疑問であり、科学や考古学などの分野の調査からその答えを見つけようとしてきた。近年、遠い過去に地球が宇宙人による介入を受けたことを裏付ける新たな発見が続々と報告されている。我々は残された全ての問いを圧倒する証拠を手にしたのだろうか?

放送時間

  • 2018/03/13(火) 15:00

放送時間

  • 2018/03/14(水) 15:00

古代の宇宙人 決定的証拠を探せ!#5/S9#105[二]

<決定的#5> ジョルジョ・ツォカロスが、地球上最も謎に包まれた土地、プマプンクを訪れる。高度12,000フィートの高原砂漠にあるこの地では、地球上で最大規模とされる膨大な巨石が多く見つかっている。一般的な科学者は、この巨石は約2,000年前のものだと見ているが、古代宇宙飛行士説提唱者は、プマプンクの巨石の精密さは先進技術がもたらされた結果だと指摘する。この遺跡が地球外生命体によって作られた可能性を探ってゆく。 <S9#105> 人類が地球外生命体と遭遇した際には、数学などの普遍的な言語を通して話をする必要があると科学者たちは理論づける。しかし宇宙人は、優れた数学者やエンジニアを通してすでに我々と交信しているのではないか?そしてそのようにして宇宙時代やコンピュータをもたらす手助けをしたのではないだろうか?人類の絶大なる先見者たちが、宇宙人によるマスタープランを実行する役割を担っているという可能性はないだろうか?

放送時間

  • 2018/03/14(水) 15:00

放送時間

  • 2018/03/15(木) 15:00

古代の宇宙人 決定的証拠を探せ!#6/S9#106[二]

<決定的#6> ジョルジョ・ツォカロスが、地球上に残された遺跡のあらゆる刻印や描画、建造物に隠された謎に迫る。それらの遺跡は、どれも地球上の反対側にあるにも関わらず酷似している面が多い。果たしてこれらは偶然の一致に過ぎないのだろうか?人類の最大の問いである、私たち起源を紐解く答えは、エイリアンのメッセージとして地球上の至る所に存在しているのではないだろうか? <S9#106> 宇宙卵とは、宇宙もしくは原始的な生物は卵から孵ったという考え方だが、多くの神話や文化の中に見られるものだ。なぜこのような考え方が世界中に広まっているのか?宇宙卵についての手がかりは、卵と共に見られる象形に隠されている可能性がある。古代宇宙飛行士説の提唱者たちは、世界中に存在する宗教的な象徴と同様、宇宙卵にはとてつもなく深い意味が込められているのではないかと主張する。

放送時間

  • 2018/03/15(木) 15:00

放送時間

  • 2018/03/16(金) 15:00

古代の宇宙人 決定的証拠を探せ!#7/S9#107[二]

<決定的#7> ジョルジョ・ツォカロスが、最も探し求められている宗教的遺物、契約の箱の歴史やその構造について紐解いてゆく。聖書によれば、契約の箱には十戒が収められただけではなく、それ以上の力が秘められているという。果たしてこれら伝説は、単なる神話に過ぎないのだろうか?それとも契約の箱には本当に神の力が宿されているのか?それともこの装置が持つ力は、地球外生命体からもたらされた技術なのか? <S9#107> オーストラリア大陸には長い間、先住民のアボリジニの人々が暮らしている。彼らの歴史は6万年前にさかのぼるとも言われるが、洞窟壁画や岩絵などには天から降りてきた創造神の姿があちこちに描かれている。宇宙とのつながりを示唆する言い伝えも多いが、その中には地質記録に合致するものもあり、事実を説明している可能性が高いという。アボリジニの文化から、我々の起源が明らかになるのだろうか。

放送時間

  • 2018/03/16(金) 15:00

放送時間

  • 2018/03/19(月) 15:00

古代の宇宙人 決定的証拠を探せ!#8/S9#108[二]

<決定的#8> 地球に住む人類は、他の生物となぜここまで違う生物なのだろうか?私たちは本当に類人猿から進化したのか?それとも私たちの知能は地球外からもたらされた産物なのか?エイリアンとの接触を紐解きながら、私たちは人類の起源の謎に辿りつけるのではないだろうか?古代宇宙飛行士説を唱えるジョルジョ・ツォカロスが、科学や考古学における最新の研究結果を提示しながら私たちの起源に迫ってゆく。 <S9#108> 世界各地で、9人から成る神々のグループが存在している。ギリシャ神話のオリュンポスの神々の主要メンバーも9人であり、彼らが議会を招集して人類に関する決め事をしていたという。一方、NASAが撮影した宇宙写真には不審な人工衛星が写っていた。この衛星は1万年以上前から地球を周回し、我々を監視しているという噂がある。こうした存在は、地球や人類の監視役なのだろうか?

放送時間

  • 2018/03/19(月) 15:00

おすすめ番組