HANGAR 1~UFOファイルが眠る場所~S1

MUFONはHANGAR 1への取材を許可、所蔵する事件ファイルなどを開示してくれた。既に立証された事実に新しい光を投じる。

二ヶ国語

エピソード

放送時間

  • 2020/07/09(木) 12:00
  • 2020/07/09(木) 20:00

HANGAR 1〜UFOファイルが眠る場所〜S1 #01

『#1 NASAの宇宙兵器計画』 宇宙からの攻撃防御のために極秘で進められた戦略防衛構想。本当にNASAとアメリカ国家は、地球外生命体や隕石の攻撃から防御するための機密計画を進めていたのだろうか?計画を推し進めたレーガン大統領自身のUFO遭遇体験や、「宇宙兵器は既に存在する」と示す調査結果の真相に迫る。

放送時間

  • 2020/07/09(木) 12:00
  • 2020/07/09(木) 20:00

放送時間

  • 2020/07/10(金) 12:00
  • 2020/07/10(金) 20:00

HANGAR 1〜UFOファイルが眠る場所〜S1 #02

『#2「影の政府」とメン・イン・ブラック』 UFO関連の情報隠滅のために動く「影の政府組織」の存在を示す調査結果が見つかる。通称メン・イン・ブラックというメンバーは、機密情報の隠滅のためには過激な手段を講じるという。この組織が隠し持つUFO関連の情報を暴くべく、謎の政府組織に関する情報源を明かしながら、そのケースファイルを紐解く。

放送時間

  • 2020/07/10(金) 12:00
  • 2020/07/10(金) 20:00

放送時間

  • 2020/07/13(月) 12:00
  • 2020/07/13(月) 20:00

HANGAR 1〜UFOファイルが眠る場所〜S1 #03

『#3 地球外からの技術』 20世紀を誇る優れた発明品の数々は、宇宙人の技術を解析して模倣した物だという説を裏付ける、40年代のUFO墜落から回収されたとされる資材と、その後の技術の大躍進の関連性に言及する調査結果を発見。50年代のトランジスタラジオの誕生から、中東の軍事UFOに至るまで、宇宙人技術の関与の真偽に迫る。

放送時間

  • 2020/07/13(月) 12:00
  • 2020/07/13(月) 20:00

放送時間

  • 2020/07/14(火) 12:00
  • 2020/07/14(火) 20:00

HANGAR 1〜UFOファイルが眠る場所〜S1 #04

『#4 「目撃」と「隠ぺい」』 上空で過ごす時間が長い航空機のパイロットや搭乗員からは、過去何千件にも及ぶ目撃情報が寄せられているが、パイロットたちが実際に体験を公言すると、ある者は嘲笑され、またある者は職を失うという事態にまで追いやられている。彼らの体験は幻か、それとも何か強大な力がUFOの存在をもみ消そうとしているのか?

放送時間

  • 2020/07/14(火) 12:00
  • 2020/07/14(火) 20:00

放送時間

  • 2020/07/15(水) 12:00
  • 2020/07/15(水) 20:00

HANGAR 1〜UFOファイルが眠る場所〜S1 #05

『#5 アメリカ大統領とUFO』 トルーマンからオバマ大統領まで、その時代の大統領とUFOや地球外生命体の関係を示す議論を醸すような歴史的秘話は豊富に存在する。ことにアイゼンハワーやニクソン、カーター、そしてレーガンはそれぞれ個人的に接触したこともあるとも噂されている。今回のハンガー1MUFONファイルでは、「我々の大統領はUFOの存在について本当に知っているのか?」を紐解いてゆく。

放送時間

  • 2020/07/15(水) 12:00
  • 2020/07/15(水) 20:00

放送時間

  • 2020/07/16(木) 12:00
  • 2020/07/16(木) 20:00

HANGAR 1〜UFOファイルが眠る場所〜S1 #06

『#6 調査を拒むもの』 1800年代、小さな村ではUFOとともに墜落死した地球外生命体のパイロットの葬儀が公に行われた。そしてペンシルベニア州ケックスバーグでは、1965年のUFO墜落事故を追跡する一人の男が死に追い込まれた。これらのUFO墜落事故の証拠を我々から隠蔽しようとしているのは一体誰なのか?

放送時間

  • 2020/07/16(木) 12:00
  • 2020/07/16(木) 20:00

放送時間

  • 2020/07/17(金) 12:00
  • 2020/07/17(金) 20:00

HANGAR 1〜UFOファイルが眠る場所〜S1 #07

『#7 ホットスポット』 アメリカ合衆国内には、他の場所よりもUFO目撃者が集まる場所がある。そんな中、ミズーリ州では3年前よりUFOの活動が飛躍的に伸びてきている。ニューヨークのハドソンバリーでの有名な事件は3ヶ月間収まらなかった。さらに、アメリカ国内の全ての核弾頭基地では必ずUFOが目撃されているのだ。これら3箇所を結ぶ共通の要素とは何なのか?今回のハンガー1ファイルで暴いてゆく。

放送時間

  • 2020/07/17(金) 12:00
  • 2020/07/17(金) 20:00

放送時間

  • 2020/07/20(月) 12:00
  • 2020/07/20(月) 20:00

HANGAR 1〜UFOファイルが眠る場所〜S1 #08

『#8 謎の地下施設』 山脈のふもとの広大な砂漠の中に空港があるような土地の地下深くには、巨大な軍基地がいくつも存在し、アメリカ軍による極秘案件が隠されているとハンガー1ファイルは示唆している。これらの地下施設ではUFOやエイリアン生命体や極秘テクノロジーなどの研究が行われている。MUFONでは、地下に存在するエイリアン文明とアメリカ政府が連携しているかもしれないという新しい衝撃事実を明かしてゆく。

放送時間

  • 2020/07/20(月) 12:00
  • 2020/07/20(月) 20:00

放送時間

  • 2020/07/26(日) 01:30

【週末マラソン】HANGAR 1〜UFOファイルが眠る場所〜S1 #08/S2 #09〜#12

【放送順】 <S1> 『#8 謎の地下施設』 <S2> 『#9 戦場のUFO』 『#10 海中UFOの謎』 『#11 謎の組織「メン・イン・ブラック」』 『#12 NASAの月面基地』

放送時間

  • 2020/07/26(日) 01:30

放送時間

  • 2020/07/12(日) 01:30

【週末一挙マラソン】BIG HISTORY #15〜#18/HANGAR 1 S1 #01&#02

【放送順】 <BIG HISTORY〜科学の眼でみる壮大な歴史〜> 『#15 太陽』 『#16 水』 『#17 万物のつながり(前編)』 『#18 万物のつながり(後編)』 <HANGAR 1〜UFOファイルが眠る場所〜S1> 『#1 NASAの宇宙兵器計画』 『#2 「影の政府」とメン・イン・ブラック』

放送時間

  • 2020/07/12(日) 01:30

放送時間

  • 2020/07/19(日) 01:30

【週末一挙マラソン】HANGAR 1〜UFOファイルが眠る場所〜S1 #03〜#07

【放送順】 『#3 地球外からの技術』 『#4 「目撃」と「隠ぺい」』 『#5 アメリカ大統領とUFO』 『#6 調査を拒むもの』 『#7 ホットスポット』

放送時間

  • 2020/07/19(日) 01:30

おすすめ番組