古代の宇宙人S6 /S10

宇宙人に関する目撃情報や現象を取り上げ、地球における宇宙人の存在を新たな方向から掘り下げる。

二ヶ国語

エピソード

放送時間

  • 2019/03/02(土) 02:00

古代の宇宙人 S6 #73/S10 #119

<#73 人類の起源> 悪魔による誘惑、異種交配、そして奇妙な誘拐。地球外生物と人間の交配にまつわるストーリーは世界各地に存在する。これらには単なる神話では済まされない何かがあるのではないか?人間の遺伝子構造の解析が進んだことによって、かつて私たちが人間の起源と信じていたものは異なったものだということが判明した。 <#119 宇宙人建造物説> 古代世界の建築物の数々はお互いに驚くほど似ている。全く交流がないとされている遠く離れた別の文明の建築物であってもそうなのだ。原始的な人々が、どうやってこのような驚くべき偉業を成し遂げることができたのだろうか?そして、どうしてこんなにも類似点がみられるのだろうか?これらの遺跡は全て、宇宙人の建築家によって設計されたものなのだろうか?

放送時間

  • 2019/03/02(土) 02:00

放送時間

  • 2019/03/05(火) 02:00

古代の宇宙人 S6 #74/S10 #120

<#74 爬虫類型宇宙人> 爬虫類の容姿をした生物はSF作品の中で常連のエイリアンである。もし彼らがポップカルチャーの作品の中だけでなく、古代神話上でも証明されていたとしたら?聖書やコーラン、古写本のナグ・ハマディ文書にはヘビのような存在が人間と接触を持ったという記述がある。古代からの言い伝えの数々は、ヘビのような生物と世界中の人間との接触を証明するものなのか? <#120 ツタンカーメンの呪い> 伝説によると、ツタンカーメン王の墓には古代の呪いがかけられているという。そして、墓が1922年に発掘されると、数々の恐ろしい出来事が起こった。本当に呪いは存在するのだろうか?そしてその呪いは宇宙人の技術によるもので、我々の過去に関する驚くべき秘密を守っているのだろうか?

放送時間

  • 2019/03/05(火) 02:00

放送時間

  • 2019/03/07(木) 02:00

古代の宇宙人 S6 #76/S10 #122

<#76 発明家ニコラ・テスラの謎> 20世紀もっとも優れた発明家の一人であるニコラ・テスラ。彼は今日の技術の時代に先駆け、人類のために産業時代の礎を築いた。だがその設計図は、地球外からもたらされたものだという可能性はないだろうか? <#122 神々の巨大都市> 世界最大の謎として知られる古代遺跡テオティワカン。メキシコ中央に位置し、アステカ人が「神々の都」と呼んだこの巨大都市を建設したのは誰か、住人に何が起こったのか、今なお知る者はいない。古代宇宙飛行士説論者は、この頃発見された証拠をもとに、テオティワカンはかつて極めて高度な、もしかすると地球外生命体の文明の中心だったのではないかという。

放送時間

  • 2019/03/07(木) 02:00

放送時間

  • 2019/03/08(金) 02:00

古代の宇宙人 S6 #78/S10 #123

<#78 神の粒子> 宇宙を解明するためのカギとも呼ばれ、おそらく科学的に最も革新的な発見と言われている存在「神の粒子」は、人類の起源を明かす手がかりになるだろうか?この極めて重要な存在が、何千年も昔に地球外的な存在によってもたらされたと考えることはできないだろうか? <#123 宇宙人の周波数> 数千年前、世界各地の文化で、神々や先祖、または人間を超越した存在に呼びかける方法として、マントラや詠唱が用いられてきた。しかし、なぜ人々は仲間同士ですら連絡が取れていなかったにもかかわらず、このような慣習にならっていたのだろうか?我々を偉大なる力、もしかすると地球外生命体の力とつなげる、ある周波数が存在するのだろうか?

放送時間

  • 2019/03/08(金) 02:00

おすすめ番組