24.06.18

【UNTOLD:隠蔽】パロマレス:米軍機水爆墜落の真実 #01 空が燃えた日

『#1 空が燃えた日』
1966年1月17日、スペイン南部パロマレスで起きた水爆落下事故。生き残ったパイロット、生存者の救出に奮闘する村人たち、行方不明の爆弾の捜索に当たる米空軍の兵士ら。前代未聞の事件に関わった人々の困惑と不安、国同士の思惑が明らかに。放射能汚染の危険は?爆弾の行方は?

戻る