番組審議会

開催年月日

2017年9月6日

開催場所

株式会社スーパーネットワーク 会議室

出席委員

関沢英彦 委員長, 天城靱彦 委員,瀬戸純一 委員,中浩正 委員,野田慶人 委員,米村恵子 委員

審議対象番組

㈰「武将たちの築城戦略」
㈪「機密文書公開!ケネディ暗殺とオズワルドの謎 第一話」

主な発言

「武将たちの築城戦略」について

  • 程良い尺で視聴しやすかった。出演者3人の城好きが伝わって好感を持った。ただ、3人のトーク場面とスタジオの雰囲気が合っていなかったのが残念であった。座卓などがあるだけで雰囲気は変わると思う。
  • 築城に関わった人にフーチャ—するには浅い、もう少し掘り下げた方が良い。
  • 非常に具体的に築城の説明があり興味深く視聴した。ただ60分の尺で3つの城を紹介するのではなく熊本城のみに絞った方が良かったのでは。
  • 伊賀上野城、中津城は知らない話題だったため知識が増えてよかった。熊本城は加藤清正を触れる部分が物足りなかった。各城の戦略を総合的にまとめる構成はもう少し深掘りがないと説得力に欠ける、他の城での続編を視聴してみたい。
  • 3人のトークの場面の映像が弱くお城のシーンだけでもよかった。
  • 知恵と工夫によりコンセプチャルな番組でヒストリーチャンネルの制作番組の質が上がった。

「機密文書公開!ケネディ暗殺とオズワルドの謎 第一話」について

  • 日本人にも馴染み深い事件ではあるが、若い世代にはケネディ暗殺事件の説明がないためには理解できないのではないか。
  • 画面はゆったり進行しているのにナレーションが早口で合っていないと思った。
  • 事件検証を行う人物が学者や記者ではなく元刑事ではドキュメンタリーとして説得力に欠ける。
  • 犯人が事件前にメキシコに行っていたのはニュースバリューのある事実でスクープ性があるのだが再現ドラマのシーンによって軽薄になってしまった。
  • ミステリー要素が散りばめられており興味深かった。続きを視聴したい。
  • 状況証拠ばかりで事実が見えにくい。
  • 現場で実施証拠を積み重ねて次を期待させる構成は楽しく視聴できた。